VRD IGOL PIERRET EXPERIENCES、より高みを目指して

自分たちの道を進み続ける

VRD Igol Pierret Experiencesは、8月下旬に開催されたルマン24時間レースにおいて、プライベートチームの最上位でゴールし、安定した走りを見せた。

ヤマハマシンを使用するフランスのチーム、VRD Igol Pierret Experiencesは、優勝を目指す一方で、次のレースに向けて学習を続けていくことに重きをおいている。

VRD Igol Pierret Experiencesは、フロリアン・アルト選手、フロリアン・マリノ選手、ニコ・テロール選手の3人にヤマハマシン「333」を託す。
2018-2019シーズンからEWCクラスに参戦を開始したVRD Igol Pierret Experiencesは、着実にトップチームの仲間入りを果たしてきた。
2016-2017年のFIMスーパーストック・ワールドカップに続き、VRD Igol Pierret Experiencesは、優勝候補たちのすぐ背後に彼らの居場所を作ることは、彼らにとってそんなに難しいことではなかったようだ。

→全文を読む

情報提供元 [ EWC × Webike 世界耐久選手権サポートサイト ]

           

ページ上部へ戻る