BOLLIGER TEAM SWITZERLAND、新時代に突入

新たな監督がチームの指揮を振る

スイスのチーム、Bolliger Team Switzerlandにとって、エストリル12時間レースは、新たな歴史の幕開けを告げるレースとなる。38年間にわたってBolliger Team Switzerlandを率いてきたハンスペッター・ボリガー監督は、ポルトガルでのEWC最終戦、エストリル12時間レースをもって引退し、息子のケビン氏に監督の座を譲ることになった。

また、同レースでBolliger Team Switzerlandの新しいタイヤパートナーシップが発表される予定だ。今後、チームナンバー「8」を付けるカワサキのマシンには、ミシュランタイヤが装着される。

このスイスのプライベートチームは、1982年、チーム創設者ハンスペッター・ボリガー氏の指揮の下、初めて世界耐久レースに出場して以来、FIM世界耐久選手権を最も象徴する、そして、最も長い歴史を持つチームとなった。

→全文を読む

情報提供元 [ EWC × Webike 世界耐久選手権サポートサイト ]

           

ページ上部へ戻る