落ち着き払うSUZUKI ENDURANCE RACING TEAM

40ポイントリードで迎える最終戦

Suzuki Endurance Racing Teamは、2019−2020シーズン第1ラウンドのボルドールで優勝し、FIM EWC暫定チームランキングのトップに立ってから、40ポイントのリードを保ったまま、最終戦のエストリル12時間レースを迎えることとなった。

スズキファクトリーチームのSuzuki Endurance Racing Teamのリードは、エストリル12時間レースに向けて、冷静さを保たさせているものの、トップ5にランクインしている他の4つのファクトリーチームの事を考えると十分な差と言えるものではない。
エティエンヌ・マッソン選手、グレッグ・ブラック選手、ザビエル・シメオン選手のライダートリオ全員は、このエストリル12時間レースが、Suzuki Endurance Racing Teamにとって、2016年以来16回目となる世界タイトルの獲得につながることを十分に承知している。

→全文を読む

情報提供元 [ EWC × Webike 世界耐久選手権サポートサイト ]

           

ページ上部へ戻る