MotoGPでKTMが大躍進、その強さの秘密とは!【前編】

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

▲画像出典元:motogp.com

2020年のMotoGP第4戦チェコGPでついにKTM(レッドブル・KTM・ファクトリーレーシング)のブラッド・ビンダーが表彰台の頂点に立った。これはKTMにとってMotoGPクラスにおける初優勝であり、最高峰クラス参戦4年目にして悲願の快挙達成となった。今季大躍進を遂げたKTMの強さの秘訣を探ってみたい。

「レースで勝つ」を目的とする会社

まずはKTMというメーカーの企業ポリシーが大きいだろう。あるKTM関係筋に話を聞いたところ、「経営トップがMotoGPで勝つという強い意志を持って取り組んでいること。そこが他メーカーと一番大きな違い」と言う。
KTMの有名なスローガン、「Ready to Race」が表しているように、最高峰レースへの挑戦とそこでの勝利に強いこだわりと情熱を注いできたメーカーである。会社としては小規模でありながら、世界のオフロード界を席巻し、ダカールラリー18連覇を成し遂げた原動力である。

こだわりの鉄フレームが進化熟成

KTMのファクトリーマシン、RC16も進化熟成が進んだことが大きい。今シーズンのRC16は他の強豪ライバルに対してトップスピードも負けてないし、マシンがよく曲がっているように見える。ライダーたちのコメントを見ても、皆口を揃えて「乗りやすくなった」と言っている。

どこが変わったのか。まず見た目だが、2019年と2020年のマシンを画像で見比べてみても、KTM独自の鋼管トレリスフレームの形状がだいぶ異なっているのが分かる。旧型はまさにパイプ状だが、新型はパイプに一部プレートを組み合わせたような形状になり、スイングアームもフルカーボン製に。

▲2019年マシン

▲2020年マシン

カウルデザインも変更され、空力デバイスの形状が大幅にモディファイされている。特にフレームに関してはMotoGPクラスで唯一の鉄フレームにこだわり続けている。それにも理由があって、ダカールラリーをはじめとする幾多のダートで得た勝利の方程式をMotoGPでも再現しようとしているのだ。

マシン戦闘力アップの陰にあの人あり

もちろん、こうした劇的な進化は「たまたま上手くいった」というわけではない。最終的なマシンの方向性を決めるのは実際に乗りこなすライダーであって、その最も重要なポストにダニ・ペドロサがいることがKTM躍進のキモになっていることに疑いの余地はないと思う。

▲画像出典元:motogp.com

2018年シーズンをもってMotoGPを引退したペドロサは、2019年からKTMのテストライダーとしてRC16の開発に全力投球してきた。レプソル・ホンダ時代の13年間に吸収した最先端の知見とノウハウがRC16にも注がれていると思って間違いないはずだ。

その証拠に先のチェコGPでも、ビンダーは第3集団からベースアップしつつ追い上げながら、今季絶好調のクアルタラロやモルビデリ(共にヤマハ)を実力でかわして、最後は突き放して見せた。
また、同じKTMファクトリーの同僚、ポル・エスパルガロも一時は3番手につけるなど、ザルコ(アビンティア)との接触さえなければ表彰台を狙える走りだったことからも、RC16の速さは本物だ。

【関連トピックス】
MotoGPでKTMが大躍進、その強さの秘密とは!【後編】

ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

           

ページ上部へ戻る