新型CBR600RRがついにデビュー 電制と空力で武装した純度100%ピュアスポーツだ!

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

Hondaからついに新型CBR600RRがデビューする。8月21日(金)に正式発表予定。先週公開された一部情報とプロモーション動画からその実像を探ってみたい。

【関連ニュース】
【新製品】ホンダ、新型「CBR600RR」をホームページで先行公開

最新電制と空力性能でアップデート

ホンダのリリースによれば、新型「CBR600RR」は水冷4ストDOHC並列4気筒599ccエンジンを搭載し、最新の電子制御と空力性能を備えるなどトータル性能を向上。
市販車ベースで競われるプロダクションレース用ベースモデルとしての高いポテンシャルを日常でも楽しめるよう、ジャストサイズのスーパースポーツモデルとして開発されているとのこと。

従来モデルから継承した高出力で扱いやすい出力特性と俊敏なハンドリングにさらに磨きを掛け、サーキット走行での優れた動力性能とワインディングなど公道での扱いやすさを高次元で両立。“操る喜び”をさらに追求したモデルに仕上がっているらしい。
情報は限られているが、この前口上だけでも大きな期待を抱かせるに十分な内容と言えるだろう。

全身の毛が逆立つエキサイティングな走り

新型「CBR600RR」の先行公開ホームページには未だプロモーション動画しかアップされていないが、その走行シーンからはレーシングスピリットに満ち溢れたピュアスポーツの姿が浮かび上がってくる。

動画は開発ライダーによるテスト走行の様子をイメージしたものだろうか。ピットで新型マシンを手際よく整備するメカニックの姿に続き、スタートラインに佇むライダーにカメラは寄っていく。高鳴る心臓の鼓動。シグナルと同時にアクセル全開。
スパークする火花とシナプスを走る電気、体中の毛が逆立つ印象的な描写とともに新型CBR600RRが疾走する。突き抜けるような超高回転の直4サウンドに重ねて上昇するジェット機のイメージ。さらに加速するマシンに沸騰する血液。

ストレートで一瞬にして230km/hに達するTFTディスプレイには、よく見るとモード1(「P」「T」「W」「EB」)などの電子制御モードが映し出されている。そして、『AWAKEN THE RACE』のエンドクレジット。まさに、レーシングスピリットを呼び覚ますような、エキサイティングな映像である。

伝統のセンターアップにウイングレット装備

さて、映像から分かることとして、レッドゾーンは1万5000rpmから始まる超高回転型であること。電制が新たに採用され、メーター表示からはパワーモードやトラコン、ウィリーコントロール、エンジンブレーキコントロールなどが装備されていると予測できる。一方で、車体と足まわりは基本的に従来型を踏襲しているように見える。

大きく変わったのは外観デザインで、CBR1000RR-Rイメージのカウル形状となり流行りのウイングレットを装備。特にフロントマスクはセンターラムエアダクトを挟んだ左右LED4灯とし、低くスラントしたシャープなノーズ形状も兄貴分譲りに。CB600RR伝統のセンターアップマフラーが新型にも引き続き採用されたことは嬉しい限りだ。

最高出力は120psオーバーか!?

8月13日現在において、最高出力値その他のスペックは未発表だが、動画にも表現されているように新型はフルパワーと見ていいだろう。ちなみに従来型の国内仕様(2013年型)は78ps/12,000rpm、輸出仕様は120ps/13,500rpmだったが、これを上回ってくることは必至だろう。

最近ニューモデルも乏しく元気のなかった600ccカテゴリーに、久々の純度100%のスーパースポーツが帰ってきた。新型CBR600RRにはその意味でも、ぜひ起爆剤になってほしい!

【ウェビック バイク選び】
【CBR600RR】の新車・中古車を見る

ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

           

ページ上部へ戻る