今週の日記ピックアップ 見た目より実用!チェーンカバーを自作![MTXRさん バイクいじり日記]

ユーザー: MTXRさん
車種名: KAWASAKI Z250SL

今回は、チェーン周りが汚れて気になるので、チェーンカバーを自作した「MTXR」さんの日記です。

段ボールで型紙を作り、アルミ板で地道に作っていきます。いくつもの道具を駆使し、ようやく形に!試走が楽しみですね!

見た目を捨てて実用を取る。

私の乗っているZ250SLは、とにかくチェーン周りが汚れるので気になっていました。

初めてみた時は、「アリが大量にたかっている」様に見えたほどです。

純正のままだと、チェーンカバーがデザイン優先(もしくはコストダウン)のために、短く作られていて、いちばん飛び散るであろう回転部分がむき出しになっています。
これが原因なので、今回は写真の様なカバーを作成してみました。

まずは、段ボールで型紙を作ります。

きちんと図面などを書いてから進めれば良いのでしょうが、現物合わせで進めていきました。

この状態にする前に、手持ちのアルミ板と同じ大きさに切り出した段ボールを用意して、合わせながら不要部分をハサミでカットしておおまかな形状を検討します。

カットした段ボールの形状を、アルミ板に転写します。一回り大きくなりますが、後で現物合わせしていくので、気にしない。

カットに使うのは、右側の「ニブリングツール」という特殊工具。

これは、カタナスクリーン取付部分を作成した時以来の再登場です。
これを使って、根気よくぱっちんぱっちんと形状を切り出していきます。

⇒見た目より実用!チェーンカバーを自作!「MTXR」さんの日記 続きを読む

■バイクがもっと楽しくなる Webikeコミュニティ

           

ウェビックパートナーストアでのアプリ初回利用で1,000ポイントが必ずもらえる!
ページ上部へ戻る