【Webikeチームノリックヤマハ】2020 SUGOロードレースシリーズ第3戦

■大会名:2020 SUGOロードレースシリーズ第3戦
■開催日:2020年7月12日(日)
■開催場所:宮城県 スポーツランドSUGO

■ライダー/レース結果
・ST600ナショナルクラス
#98 阿部真生騎 予選:クラス1位/総合12位 決勝:転倒リタイア

レースレポート

スポーツランドSUGOで開催された「2020 SUGOロードレースシリーズ第3戦」に、阿部真生騎選手が参戦しました!前日のスポーツ走行からドライ、ウェットとコンディションが変わり、決勝日も雨や霧でレース時間も10分へ短縮となりました。

今回は全日本選手権前ということもあり、全日本ライダーが多く参戦している中、全体12位/NAクラスではトップタイムとなりました。
決勝では1週目で接触転倒、そのままリタイアとなり、悔しい結果となりました。

次回参戦は7月25日(土)・26日(日)に栃木県のツインリンクもてぎで行われる「もてぎロードレース選手権第3戦」に阿部真生騎選手が参戦いたします!
応援をよろしくお願いします!

阿部真生騎

■2020 SUGOロードレースシリーズ第3戦 ST600ナショナルクラス

予選:クラス1位/総合12位 決勝:転倒リタイア

阿部真生騎選手コメント

菅生の雨はすごく滑りやすいので気をつけて走らなければいけないのですが、今回は練習からレースまでずっと雨だったのでレースまでに雨に慣れることができました。

その為、転倒の心配はほぼ無いと思っていたのですが、レースの1周目に前の人がS字の進入でハイサイドしてしまい、それに巻き込まれて1周目に転倒してしまったのでとても残念でした。
ですが、雨の中でスタートも上手くいって予選でも地方戦の中では1位だったので、今回で雨の自信は少しついたのでよかったです。

次回も応援よろしくお願いします。

阿部光雄監督コメント

金曜日のスポーツ走行から菅生入りしレースに備えましたが、ドライ、ウエットと目まぐるしく天候が変わり、
日曜日の決勝日も雨と霧で予選が遅れ、時間も15分間から10分間に短縮されました。

今回の開催は全日本選手権を控えてるためか、全日本ライダーが多数で16台がIAライダーNAライダーが9台の出走でした。
予選は雨量が多かったためか、ウエットの自己ベストは出なかったものの、全体で12位NAクラスでは2番手に2秒以上引き離してトップタイムでした。

決勝はサイティングラップでの転倒車とオイル漏れもありスタートが遅れましたが、オイル漏れ車を除く全車がスタートグリッドに着きました。
真生騎はスタート良く上位ゴールが期待されましたが、1周目5コーナーにあたるS字コーナー入り口で、スタートで抜いてきた全日本ライダーが真生騎を際どい抜き方で前に出た直後にハイサイドを起こし転倒。それに巻き込まれ真生騎も転倒、怪我はありませんでしたが1周目にしてレースを終えることになりました。

今回は悩みも多く、セッティングを大幅に変更したりと忙しいレースウィークでしたが、海外GPライダーにもアドバイスを頼られている、元GPライダーに今後の飛躍に繋がりそうな貴重な教えを多々受け、ウエット、ドライとも今後のレースに活かせる事が期待できそうで、大変楽しみです。
コロナ騒動からの再開2レースは悲惨な結果に終わりましたが、次回からも全力で臨み最良の結果を残すようスタッフ一同一丸となり頑張ります。
今後も応援をよろしくお願いいたします。

photo by Ishizaki Nobuki

情報提供元 [ Webike Motosport ]

           

ウェビックパートナーストアでのアプリ初回利用で1,000ポイントが必ずもらえる!
ページ上部へ戻る