HRCとアレックス・マルケス選手が契約更新 レプソルホンダからLCRホンダへ

ホンダ・レーシング(以下、HRC)は、FIM※1ロードレース世界選手権 MotoGPクラスに参戦している、アレックス・マルケス(Alex Márquez)選手(24歳 スペイン)と2021年からの2年契約更新に合意し、同選手は、2021年シーズンから「LCR Honda Team(エルシーアール・ホンダ・チーム)」よりMotoGPクラスに参戦することを発表した。

以下プレスリリースより


アレックス・マルケス選手は、2012年にFIMロードレース世界選手権Moto3クラスに参戦し、2014年には同クラスのチャンピオンを獲得。翌2015年にMoto2クラスへ昇格し、2019年には同クラスのチャンピオンを獲得しました。今シーズンは、兄のマルク・マルケス選手とともに、ワークスチーム※2「Repsol Honda Team(レプソル・ホンダ・チーム)」よりフル参戦します。

今回のLCR Honda Teamへの移籍は、ワークスチームでの経験を活かすとともに、HRCの長期戦略の一環として行われるものです。

※1 FIMとは、Federation Internationale de Motocyclisme(国際モーターサイクリズム連盟)の略称
※2 ワークスチームとは、マシンを製造しているメーカーが運営しているチーム。HondaではHRCが運営するチーム

アレックス・マルケス

HRCとの契約の更新について発表できたことを誇りに思います。Hondaは、最高峰クラスで闘うチャンスを与えてくれました。今年末から、LCR Honda TeamというMotoGPでの経験が豊富でメジャーなチームの一員として戦えることをうれしく思います。HRCおよびLCR Honda Teamの信頼を受け、今後もHondaファミリーの一員でい続けられることに感謝しており、結果で期待に応えるよう頑張ります。今は、ヘレスでのシーズン開幕戦が待ちきれず、まずは今年ベストを尽くすことに注力します。

ホンダ・レーシング(HRC) 代表取締役社長 野村欣滋

「アレックス・マルケス選手と一緒に、来年から2シーズンにわたり、MotoGPカテゴリーでの成長プロセスを続けられることを大変うれしく思っています。現在の状況を深く考え、分析した結果、彼はHRCのフルサポートを受けLCR Honda Teamから参戦することが、最高峰クラスで成長する絶好のチャンスだと思っています。また、今年より3年間このプランを続けることによって、HRCにとっても、アレックス・マルケス選手にとっても、思い通りの結果が得られると確信しています。

情報提供元 [ Honda ]

           

ウェビックパートナーストアでのアプリ初回利用で1,000ポイントが必ずもらえる!
ページ上部へ戻る