トライアンフ茅ヶ崎が7/11(土)にグランドオープン 007シリーズ 「No Time To Die」の劇中で使用された「Scrambler1200XE」を特別展示

トライアンフモーターサイクルズジャパンとトライアンフ正規販売店契約を締結している梅田モータースは、神奈川県茅ヶ崎市にトライアンフ正規販売店「トライアンフ茅ヶ崎」を新たに開設し、7月11日(土)にグランドオープンした。

「トライアンフ茅ヶ崎」は、最新コーポレートアイデンティティを採用した店舗として国内18店舗目となり、梅田モータース本社に隣接した国道1号線に面し、高速道路からのアクセスにも優れており、湘南エリアのみならず神奈川県西部地域をカバー出来る店舗。

外観はトライアンフブランドの最新コーポレートアイデンティティカラーであるブラックを基調としつつ、トライアンフの本国である英国国旗「ユニオンフラッグ」のデザインエッセンスや 湘南エリアの「自然」を感じられる素材を取入れることで、世界標準に則りながらもオリジナリティ溢れる店舗となっている。

トライアンフ茅ヶ崎にはライダーが集う場所として、イングランド・ヒンクリーのトライアンフ本社にある「1902 CAFE」と同名のカフェを併設。オリジナルブレンドのコーヒーと軽食が提供される。単純なバイクショップではなく、風光明媚な環境でライダーが集い、語らうことができるバイクショップとなっている。

また、開店記念として、007シリーズ 25作目「No Time To Die」の劇中で使用されたScrambler1200XEが7月23日(木)まで展示されている。撮影の際についたキズや、興味深いカスタムが施されたディテールなど、普段目にすることができない、一見の価値があるマシンだ。

以下プレスリリースより


また店舗内部も最新の店舗スタンダードに準拠しつつ店舗の3面を贅沢なガラス張りとすることで、明るく開放感があり 且つ個性際立つ造りとした。この明るく開放感溢れる空間の1階には、アフターサービス受付を含むショールーム車両展示エリアを、2階には車両展示に加え木目の温かみと共に湘南の光や風を感じられるラウンジエリアを配することで、オートバイの展示販売のみならずアフターサービスの合間に、ラウンジエリアにてゆっくりとウエアやアクセサリー等を御覧頂ける店舗となりました。

加えて、お客様の大切なオートバイを御預かりするトライアンフ専用ワークショップを隣接する建物に新たに設置する予定です。定評のあるアフターサービス体制により、オートバイのご購入からアフターサービスに至るまで、お客様のバイクライフを総合的にサポートする「ライダーのあらゆる要望にもお応え出来る店舗」になるものと考えております。

また隣接する建物の1階にはトライアンフの雰囲気を取入れたカフェをオープンする予定です。当エリアは「二輪の駅」と称したライダーの憩いの場所となっておりますが、当カフェのオープンにより、これまで以上にライダーの皆様に湘南の「自然」「時間」をオートバイと共にご体感頂けるものと考えております。

トライアンフ茅ヶ崎

■グランド・オープン
2020年 7月 11日(土)

■社名
株式会社 梅田モータース
代表取締役社長 梅田 勉

■TEL
0467-84-4500

■住所
〒253-0073 神奈川県茅ケ崎市中島255

■Webサイト
http://www.triumph-chigasaki.jp/

情報提供元 [ トライアンフモーターサイクルズジャパン ]

           

ウェビックパートナーストアでのアプリ初回利用で1,000ポイントが必ずもらえる!
ページ上部へ戻る