カワサキ「Ninja250/400」にサービスキャンペーン ABS機能が停止するおそれ、アイドリング中にエンジンが停止するおそれ


※参考画像

■サービスキャンペーン対策開始日
令和2年6月中旬

■届出者の氏名又は名称
川崎重工業株式会社

■問い合わせ先
カワサキモータースジャパン
お客様相談室 TEL 0120-400-819

■不具合の内容

フロント車速センサに接続されているハーネスにおいて、図面指示が不適切なため、配策ばらつきによりハンドルを大きく右に切った場合、ハーネスがコネクタ付近で強く屈曲し、ハーネスに負荷がかかるものがある。そのため、そのまま使用を続けると、当該ハーネスが断線し、ABS警告灯が点灯するとともにABS機能が停止するおそれがある。

■改善の内容
全車両、当該ハーネスを補修用ハーネスを用いて修理し、クランプを追加して適正な位置に配策する。

■自動車使用者等に周知させるための措置
使用者にダイレクトメール等にて通知する。

■サービスキャンペーン対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間・台数
・通称名:「Ninja250」
  型式:2BK-EX250P
  車台番号:EX250P-A00121 から EX250P-A15690
  製作期間:平成30年1月10日 から 平成30年12月10日
  対象台数:3,640台

・通称名:「Ninja400」
  型式:2BL-EX400G
  車台番号:EX400G-A00121 から EX400G-A36556
  製作期間:平成30年1月10日 から 平成31年2月25日
  対象台数:4,641台

■合計
・製作期間の全体の範囲:平成30年1月10日 から 平成31年2月25日
・計8,281台


■不具合の内容
エレクトロニックコントロールユニット(ECU)において、ECU及びリレーボックスの接続部の防水性が不十分なため、ハーネスから水が浸入し、ECUおよびリレーボックスの接続部が腐食するものがある。そのため、アイドリングが不安定になり、最悪の場合、アイドリング中にエンジンが停止するおそれがある。

■改善の内容
全車両、ECUおよびリレーボックスの接続部を点検し、腐食が認められる場合は、ハーネス、ECUおよびリレーボックスを新品に交換し接続部にグリスを塗布する。なお、腐食が認められない場合には接続部にグリスを塗布する。

■自動車使用者等に周知させるための措置
使用者にダイレクトメール等で通知する。

■サービスキャンペーン対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間・台数
・通称名:「Ninja250」
  型式:2BK-EX250
  車台番号:EX250P-A00121 から EX250P-A13225
  製作期間:平成30年1月10日 から 平成30年7月30日
  対象台数:2,877台

・通称名:「Ninja400」
  型式:2BL-EX400G
  車台番号:EX400G-A00121 から EX400G-A20212
  製作期間:平成30年1月10日 から 平成30年7月23日
  対象台数:2,401台

■合計
・製作期間の全体の範囲:平成30年1月10日 から 平成30年7月30日
・計5,278台

【注意事項】
・対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。

→全文を読む

情報提供元 [ カワサキモータースジャパン ]

20150605_mybike_impcamp_800_250

中古車や、譲渡で入手したバイクだと、サービスキャンペーンの情報が届かないことも。WebikeではMYバイクへの登録で、サービスキャンペーン情報をメールにてお届けします!
 ※アカウントの登録が必要です
Webikeコミュニティ MYバイク登録方法
           

ウェビックパートナーストアでのアプリ初回利用で1,000ポイントが必ずもらえる!
ページ上部へ戻る