【CBF190TR 試乗インプレ】ネオスポーツカフェとスクランブラーの良いとこ取りを35万円で楽しむ!

【ホンダ CBF190TR】
ディテール&試乗インプレッション

今回紹介するCBF190TRは、CBF190Rと車体、エンジンを共用しながらも、アップライトなバーハンドルに丸目一灯という、ネオクラシカルともいうべきスタイリングが与えられたモデル。生産しているのは中国の新大洲(シンタイシュウ)ホンダだが、国産車から外国車、中古車を扱うSOXが独自に輸入販売をスタート。このCBF190TRを元初心者向けオートバイ雑誌編集長の谷田貝 洋暁が試乗インプレッション。

1.CB-Rの流れをくむスタイリング

丸目一灯のヘッドライトにバーハンドル、そして横からのシルエットが台形になるデザインは、紛れもなく“ネオスポーツカフェコンセプト”。CB250RやCB1000RなどのCB-Rシリーズと同一のデザインエッセンスを感じる。しかし、足元を見るとオフロードテイストが強めの無骨なタイヤにタックロール風のフラットシートなど、最近流行りのスクランブラーテイストも加えられているようだ。もしかしてこのCBF190TR、ダートも走れちゃったりするのだろうか!?見れば見るほどそんな期待が高まってくる。

→全文を読む

           

ウェビックパートナーストアでのアプリ初回利用で1,000ポイントが必ずもらえる!
ページ上部へ戻る