トライアンフ「スラクストンR」他にリコール 最悪の場合、走行中にエンジン停止のおそれ

※参考画像

■リコール届出日
令和2年5月27日

■リコール届出番号
外-3034

■リコール開始日
令和2年5月27日

■届出者の氏名又は名称
トライアンフモーターサイクルズジャパン株式会社
代表取締役 野田一夫
製作国:イギリス
製作者名:トライアンフモーターサイクルズ社

■問い合わせ先
03-6453-9810

■不具合の部位(部品名)
サイドスタンド(スプリング)

■基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因

サイドスタンドスプリングにおいて、形状が不適切なため、耐久性が不足している。そのため、走行振動等によりスプリングが破損し、サイドスタンドが下がり、最悪の場合、フェールセイフシテムが作動して走行中にエンジンが停止するおそれがある。

■改善措置の内容
全車両、サイドスタンドスプリングを対策品に交換する。

■不具合件数
0件

■事故の有無
無し

■発見の動機
メーカーからの情報による。

■自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置
・使用者:ダイレクトメール及び販売店から電話にて通知する。
・自動車分解整備事業者:日整連発行の機関紙に掲載する。
・対策実施済車には、ステアリングステム部に外-3034のステッカーを貼付する。

■車名
トラアンフ

■リコール対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間・台数
・通称名:「スラクストン」
  型式:EBL-HJ1200
  車台番号:SMTDAD71H4G757193 から SMTDAD71H4J842524
  製作期間:平成28年3月16日 から 平成29年6月2日
  対象台数:78台

  型式:2BL-DHJ1200
  車台番号:SMTDAD71H4J841191 から SMTDAD71H4J874976
  製作期間:平成29年3月16日 から 平成30年1月11日
  対象台数:7台

・通称名:「スラクストンR」
  型式:EBL-HJ1200
  車台番号:SMTDAD72H4G747514 から SMTDAD72H4J843570
  製作期間:平成28年3月5日 から 平成29年6月6日
  対象台数:279台

  型式:2BL-DHJ1200
  車台番号:SMTDAD72H4J844085 から SMTDAD72H4K920797
  製作期間:平成29年6月8日 から 平成30年10月23日
  対象台数:194台

・通称名:「スラクストンTFC」
  型式:2BL-DHJ1200
  車台番号:SMTDAD83H4L953316 から SMTDAD83H4L956700
  製作期間:平成31年4月5日 から 平成31年4月14日
  対象台数:80台

■合計
・製作期間の全体の範囲:平成28年3月5日 から 平成31年4月14日
・計2型式3車種
・計638台

【注意事項】
リコール対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれる場合があります。

→全文を読む

情報提供元 [ 国土交通省 ]

20150605_mybike_impcamp_800_250

中古車や、譲渡で入手したバイクだと、リコールの情報が届かないことも。WebikeではMYバイクへの登録で、リコール情報をメールにてお届けします!
 ※アカウントの登録が必要です
Webikeコミュニティ MYバイク登録方法
           

ウェビックパートナーストアでのアプリ初回利用で1,000ポイントが必ずもらえる!
ページ上部へ戻る