【新車】トライアンフ、ジェームズ・ボンドモデル「Scrambler 1200 Bond Edition」が登場

トライアンフモーターサイクルズジャパンは、「007」シリーズ初となるオフィシャルなジェームズ・ボンドモデル「Scrambler 1200 Bond Edition」を発表した。全世界で限定250台、日本では限定20台が2020年6月下旬に発売される。メーカー希望小売価格は、2,590,000円(税込)。

第25作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』に登場するカスタムマシンを再現

2019年12月、トライアンフは「007」シリーズの製作会社であるイーオン・プロダクションズと新たにパートナーシップ契約を締結し、シリーズ最新作となる第25作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のダイナミックなアクションシーンでトライアンフのバイクを使用している。今回のコラボレーションを記念し、「007」シリーズ初となる公式ジェームズ・ボンドモデル「Scrambler 1200 Bond Edition」が誕生した。

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のバイクスタントシーンに登場するカスタムマシンをイメージして製作された。ベースはScrambler 1200シリーズ最上位モデルの「XE」だ。

優美でオリジナリティ溢れるジェームズ・ボンド専用デザイン

タンクには特大サイズのトライアンフバッジとブラッシュ仕上げのデカールフォイルニーパッド、そしてゴールドの手描きコーチラインが入り、「007」モデルであることを示すロゴも随所に取り入れられている。美しいエキゾーストナンバーボードとサイドパネルロアフィニッシャーには「007」のロゴがプレス加工され、高級本革シートにはロゴ刺繍が施され、TFTディスプレイには「007」専用のスタートアップ画面が採用された。

ボンドが駆るバイクをイメージした「007」専用ボディカラーを採用し、各所のフィニッシュをブラックアウト、ワンランク上のディテールに仕上げた。ライザークランプにはシリアルナンバー入りの美しいプレートがはめ込まれる。

【ウェビック バイク選び】
【SCRAMBLER 1200 XE】の新車・中古車を見る

情報提供元 [ トライアンフモーターサイクルズ ジャパン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 箱根ターンパイクと一般社団法人かながわ西結婚推進協議会は、NPO法人おだわら名工舎、中日本高…
  2. ウィズミーは、「袖ヶ浦フォレストレースウェイ走行会」を6月7日(日)に、「筑波2000走行会…
  3. ダートフリークは、ZETAから角度調整機能付きスクリーンとモバイル用マウントバーが一体となっ…
  4. モトグッツイ専売店のモトグッツイ名古屋北は、ニューモデル試乗会「Back to Ride キ…
ページ上部へ戻る