’20ホンダCRF1100Lアフリカツイン、限定足長モデル〈S〉と電サスの関係を考察インプレ

’20モデルでフレーム刷新を伴うモデルチェンジを敢行したホンダCRF1100Lアフリカツインシリーズ。市場の要望に応える形で期間限定のロングストロークモデル〈S〉が追加投入されることになり、選択肢がさらに広がった形だ。ここであらためて長短ストロークモデルおよび電子制御サスペンション搭載モデルの試乗比較インプレッションをお届けする。

●文/まとめ:谷田貝洋暁 ●写真:関野温

期間限定ロングストロークモデルの〈S〉が追加され、全10モデル展開

’20新型ホンダCRF1100Lアフリカツインは、後から加わったロングストロークモデルの〈S〉を含め5種、MT/DCTの別を合わせて全10モデルのバリエーション展開となる。

【ウェビック バイク選び】
「CRF1100L アフリカツイン」の新車・中古車を見る
「CRF1100L アフリカツイン Adventure Sports」の新車・中古車を見る

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 箱根ターンパイクと一般社団法人かながわ西結婚推進協議会は、NPO法人おだわら名工舎、中日本高…
  2. ウィズミーは、「袖ヶ浦フォレストレースウェイ走行会」を6月7日(日)に、「筑波2000走行会…
  3. ダートフリークは、ZETAから角度調整機能付きスクリーンとモバイル用マウントバーが一体となっ…
  4. モトグッツイ専売店のモトグッツイ名古屋北は、ニューモデル試乗会「Back to Ride キ…
ページ上部へ戻る