最新エアショックで武装したトランプ ロードスター【ハーレーカスタムトレンドNEWS】

スポーツマインド漂う洗練されたカスタムをビルドアップし、高い機能とクオリティにこだわった妥協なきリプレイスパーツをリリースし続けることで名高いトランプサイクル(大阪)。ハーレーだけでなくモーターサイクル全般に造詣深い代表の長岡さんが今回手がけたのは、’05 XL1200Rロードスター。高品質の同店オリジナルパーツを全身にまとう1台だが、中でもエアショックが採用されていることに注目だ。

●取材協力:トランプ

ワインディングで走りを楽しんでもらいたいXL1200Rロードスター

どこから説明するべきか、隅々まで抜かりのない仕上がりを見せるXL1200R(2005年式)。ロアマウントタンクをはじめ、軽量アルミフェンダー、レースタイプのフルチタン・デュアルマフラー、バンク角を稼ぐバックステップ、スピードバー、レースソロシート、ビルトインテールランプやラウンドタイプのターンシグナルなど、同店オリジナルのパーツ群が盛り込まれ、見るからに身のこなしが軽い。そんななか注目はコイルスプリングを持たないエアショックだ。

【ウェビック バイク選び】
「XL1200R」の新車・中古車を見る

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. バイク王&カンパニーは、2020年6月1日(月)より「バイク王 蘇我店特設会場」にハーレーダ…
  2. 乗るのたの士【更新】 マスキングには苦戦しましたが、色の調合はスムーズにいくのか?!乗るの…
  3. 乗るのたの士【更新】 Z900RSの塗装にチャレンジ!選んだカラーはやっぱりあの色!人生初…
  4. ボッシュは、二輪車の周囲をモニターし、前走車との安全な車間距離を維持するレーダーベースのアシ…
ページ上部へ戻る