ファンティック エンデューロ250試乗インプレッション【公道もダートも快適】

『オフロードマシン ゴー・ライド』より、ファンティック エンデューロ250の公道テストの内容を紹介する。見た目からしてレーサーライクなルックスに、乾燥重量104kgという軽量な車体、1人乗りに割り切ったおかげできちんと仕事をするようにセッティングされたサスペンションなど…。コースで走った印象がとてもよかっただけに、きっと一般道でのフィーリングはイマイチでしょ? なんて勝手な予想をしていたのだが、見事に裏切ってくれた。

●写真&文:谷田貝洋暁 ●取材協力:サイン・ハウス

激軽の乾燥重量104kgが公道でもしっかり生きている!

実際、エンデューロレーサーをはじめとするコンペモデルを公道に連れ出すと、思いのほか拍子抜けすることが多い。伸びが足らず頭打ちの早いエンジンは、ギヤチェンジばかりを急かされて速度が出せない。ダート路面でのグリップを重視し、極限までしなやかに仕立てられたフレームは、ちょっと速度をあげると大きくヨレて不安。

一方、ファンティックのエンデューロ250。公道もしっかり、というか、むしろ公道がキチンと楽しめるようになっている。移動区間である高速道路は、ツアラーのような快適性があるわけではないが、それでも避けたくなるほどのネガはない。シャッキリとした剛性感のあるフレームは、ハイスピードレンジでも安定しているし、車線変更もスイスイ。追い越し加速をするには最高速にもう少し余裕がほしいところだが、まぁ、ダートセクションでの楽しさを考えたら、充分及第点をあげられる巡航速度は持っている。

【ウェビック バイク選び】
「エンデューロ250」の新車・中古車を見る
「ファンティック」の新車・中古車を見る

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. バイク王&カンパニーは、2020年6月1日(月)より「バイク王 蘇我店特設会場」にハーレーダ…
  2. 乗るのたの士【更新】 マスキングには苦戦しましたが、色の調合はスムーズにいくのか?!乗るの…
  3. 乗るのたの士【更新】 Z900RSの塗装にチャレンジ!選んだカラーはやっぱりあの色!人生初…
  4. ボッシュは、二輪車の周囲をモニターし、前走車との安全な車間距離を維持するレーダーベースのアシ…
ページ上部へ戻る