【新車】インディアン、新型「2020 FTR Carbon」を発表 絶妙なスタイリングのボディワーク

アメリカ最古のオートバイブランドであるインディアンモーターサイクルが、プレミアムモーターサイクル「2020 FTR Carbon」を発表した。

2020 FTR Carbonは、これまでのFTRラインナップに加えてその革新性をさらに増し、最上級の、唯一無二の魅力を実現。そして、ブラックアウトされたローマウント・アクラポビッチ・エグゾーストシステムを備えた絶妙なスタイリングのカーボンファイバーボディワークを最大の特徴としている。

メーカー希望小売価格は2,488,000円(消費税込み)で、発売時期は2020年6月中に予定されている。

【ウェビック バイク選び】
「FTR Carbon」の新車・中古車を見る

2020 FTR Carbon

International Debut – 2020 FTR Carbon

製品情報

フラットトラックレーシングで3回のグランドナショナルタイトルを連続して独占しているFTR750のDNAがFTR Carbonに受け継がれているのは明白。

「上質なものを好む目のこえたライダーのために、FTR Carbonは最高レベルのデザインフィニッシュのどうしても手に入れたくなるバイクとして存在します。そして最高のライディングエクスペリエンスを提供し、カーボンアクセントが上質さを高めています。FTRのスタイリング、そしてカーボンボディーワークは、どこに行っても人の目を引く素晴らしいルックスとなることでしょう。」と、インディアンMCの社長であるマイク・ドウアティは述べている。

2020 FTR Carbonは、従来の多くのプレミアム機能とライディングテクノロジーに加え、更に高品質な機能を備えている。タンデムシート・カウル、センターコンソールなど細かいディテールをも含むカーボンファイバーボディワーク、ブラックアウトされたAkrapovicローマウントエグゾースト。

クルーズコントロール、デュアルディスク・ブレンボABSブレーキ、トラクションコントロール、高視認性のフルLEDライティングシステム、および4.3インチLEDタッチスクリーンメーターダッシュボード、モバイルデバイスの充電やコントロールのためのUSBポートとBluetoothシステムを装備。快適性能/コントロール性能/即応性能を高次元のバランスで提供する。

ロングトラベル(150mm)の調整可能サスペンションと予測運動反応のしやすいアップライトなライディングポジション、正確なコーナリングと街乗りでも取り回ししやすい操縦性、滑らかな水冷1203cc Vツインエンジン、93 kW(約125Hp)のパワーと120 Nmのトルクを生み出し、特徴的なフラットなトルクカーブと全回転域での力強い加速を提供する。

革新的であり、予測しつつコントロール可能なパワーデリバリーとたっぷりとしてフレキシブルなローエンドパンチにより、爽快で豪快なライディングを実現。機能の信頼性とコントロール性能向上のため、リーンアングル・センシティブ・スタビリティー・コントロール、ABS、トラクション・コントロール、およびウイリーコントロールは、スロットルレスポンスとトラクションコントロールを特徴的な調整レベルを施した3つのライドモード(スポーツ、スタンダード、レイン)で好みに合わせて変更できる。

なお、2020 FTR Carbonは、特別に開発された幅広いカテゴリーの40種類以上のアクセサリーが用意されており、ライダーはさらに個性的なカスタマイズを楽しめる。

FTR Carbonのスタイリング

革新的でその目に焼き付くFTRのもつスタイリングの美しさをさらに高め、多くのプレミアム機能と爽快なライディングに多くのバリューを追加している。

・「FTR Carbon」センターコンソールプレート
・カーボンファイバー タンク/エアボックスカバー
・カーボンファイバー ヘッドライトナセル
・ブラック・アウトされたAkrapovicのローマウントエキゾースト
・カーボンファイバー フロントフェンダー
・カーボンファイバー タンデムシートカウル

エギゾーストシステム

FTR Carbonは、ブラシ仕上げのステンレス鋼構造でローマウントに設置された2-1-2デザインが特徴。Akrapovic®のブラックアウトされたサイレンサーはその個性的なスタイリングを更に特徴的なものとし、アメリカン独特のVツインサウンドを奏でる。

プレミアム機能

FTR Carbonには、クルーズコントロール、デュアルディスク・ブレンボ社製ABSブレーキ、トラクションコントロール、高視認性のLEDライティング、およびUSB急速充電ポート付き4.3インチLEDタッチスクリーン・メーターダッシュボード、モバイル機器用のBluetooth機能を装備。

サスペンション

FTR Carbonのフロントサスペンションは、150mmロングトラベルの43mm倒立式カートリッジフォークで、プリロード/コンプレッション/リバウンドがフルアジャスタブル。ばね下重量低減のための中空アクスルを装着、26.3°のレイクと130mmのトレイルの設定となっている。

リアにはチューブラースチール構造のスイングアームデザインを採用し、最大限のグリップ性を確保する、150mmのホイールトラベルでプリロード、コンプレッション、リバウンドがフルアジャスタブルなピギーバックリザーバー付きモノショックを左サイドに装着、スイングアームピボットは、ホイールベースをよりコンパクトにするために、エンジンのクランクケースに取り付けられ、中空のリアアクスルが更なる軽量化に貢献している。

ブレーキ

FTR Carbonは、ラジアルマウントされた、デュアル320mmディスクフロントブレーキを特徴とし、ブレンボ社製Monobloc M4.32 4ピストンフロントキャリパーにより、卓越した制御とブレーキング性能を提供。リアブレーキにはブレンボ社製P34 2ピストンキャリパーの260mmセミフローティング・シングルディスクが装着されている。 ABS標準装備。

ドライブライン

このモデルは、FTR 750レースバイクで使用されているレースクラッチを応用したパワーアシスト・スリッパークラッチを備えています。これにより、減速時の後輪のスリップが低減され、よりコントローラブルになり、より軽くクラッチレバーを握れる。

6速スライディングメッシュ・トランスミッションは、確実で歯切れの良い感触のギアチェンジフィールを提供します。ギアのプライマリドライブは、スムーズな動力伝達を実現し、チェーンのメンテナンスを最小限に抑えるよう設計されている。

スペック

■エンジン

エンジン:リキッドクールド 60度 V-TWIN 4バルブDOHC
トランスミッション:6速、コンスタントメッシュ
ボアxストローク:102mm x 73.6mm
クラッチ:アシスト&スリップ、マルチプレート
圧縮比:12.5 : 1
排気量:73 cu in / 1203 cc
燃料タンク容量:13リットル
フューエルシステム:クローズドループフューエルインジェクション / 60mmボア
プライマリードライブ:ギアドライブウェットクラッチ
ホースパワー:93 kW (124.7 hp) at 8250 rpm
ピークトルク:120 Nm at 5900 rpm

■シャーシ

乾燥重量:228kg
地上高:183mm
全長:2287mm
全幅:850mm
全高:1297mm
シート高:853mm
ホイールベース:1524mm
レイク/トレイル:26.3° / 130 mm
リーンアングル:43°

■ブレーキ

フロントブレーキ:デュアル 320 mm x t5ローター/4ピストンキャリパー
リアブレーキ:シングル 265 mm x t5ローター/2ピストンキャリパー
Fブレーキキャリパー:ブレンボ/M4.32
Rブレーキキャリパー:ブレンボ/P34

■サスペンション

Fサスペンション:フルアジャスタブル・倒立式テレスコピックカートリッジフォーク 43 mm径/150 mmトラベル
Rサスペンション:フルアジャスタブル・ピギーバック IFP/150 mmトラベル

■ホイール&タイヤ

フロントタイヤ:ダンロップ/DT3-R Radial、120/70R19 60V
フロントホイール:Cast 19″ x 3″
リアタイヤ:ダンロップ/DT3-R Radial、150/80R18 70V
リアホイール:Cast 18″ x 4.25″

■車体色

Cabon Race Replica

■メーカー希望小売価格

2,488,000円(消費税込み)

■発売時期

2020年6月中より発売開始

【ウェビック バイク選び】
【FTR Carbon】の新車・中古車を見る
【FTR1200】の新車・中古車を見る
【FTR1200S】の新車・中古車を見る

情報提供元 [ ポラリスジャパン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. バイク王&カンパニーは、2020年6月1日(月)より「バイク王 蘇我店特設会場」にハーレーダ…
  2. 乗るのたの士【更新】 マスキングには苦戦しましたが、色の調合はスムーズにいくのか?!乗るの…
  3. 乗るのたの士【更新】 Z900RSの塗装にチャレンジ!選んだカラーはやっぱりあの色!人生初…
  4. ボッシュは、二輪車の周囲をモニターし、前走車との安全な車間距離を維持するレーダーベースのアシ…
ページ上部へ戻る