潜在能力を解き放つマフラー!ヨシムラ「機械曲チタンサイクロン Duplex Shooter 政府認証」

200430_bm_p9_01-680x454.jpg▲for SUZUKI KATANA

【ビッグマシン・ゼロ:文-中村友彦 写真-真弓悟史】

各部の寸法はもちろん専用設計。とはいえ、ヨシムラがKATANA/Z900RS用として新規開発したサイクロンは、消音とパワーを両立する機構として、いずれもサブサイレンサー+バイパスパイプを採用している。

20170801_bigmachine_680_150.gif

200430_bm_p9_02-680x454.jpg▲for KAWASAKI Z900RS

エンジン本来の資質が存分に満喫できる

旧車好きを取材すると、〝今どきのバイクはつまらない〟という言葉を聞くことが少なくない。僕は必ずしもそう思わないし、そもそも、ただひたすらに性能を追求できた旧車と、厳しい騒音・排出ガス規制を前提にして生まれた今どきのバイクを、同じ尺度で語るのはフェアなことではないだろう。 とはいえ、今回テストした2台を体験したら、旧車好きも今どきのバイクの見方が変わるに違いない。ヨシムラが手がけたKATANAとZ900RSは、それぞれのモチーフになったGSX1100SカタナやZ1に勝るとも劣らないほど、ワクワクする乗り味を堪能させてくれるのだから。

Duplex Shooter とは?
200430_bm_p9_03-680x454.jpg
「デュプレックス・シューター」は、サブサイレンサーを設け、そこからも排気を行うヨシムラ独自の機構。初採用はZ900RSの手曲ストレートサイクロンで、今回の2車はそれに続く採用となる。黒塗装されたステンレス製サブサイレンサーの寸法はφ105×230mm。主目的は消音ながら、出力特性にも多大な影響を及ぼすと言う。
膨張室からも排気!
200430_bm_p9_04-680x454.jpg

僕がそう感じた背景には、踏み応え抜群のX-TREADステップや、最新のアフターパーツを投入して動きが上質になった足まわりなどもあるのだが、最も大きな要素はマフラーである。逆に言うなら、ヨシムラが新規開発した機械曲チタンサイクロンDuplex Shooter(以下サイクロン)を体験すると、STDは本来の潜在能力を抑え込んだ、能ある鷹はツメを隠す仕様……という気がしてくるのだ。

と言っても、アイドリング中や巡航時のサイクロンの音は意外に控え目で、むしろSTDのほうがワイルドと感じるほど。このあたりをどう捉えるかは人それぞれだが、僕としては、チタンという消音に不利な素材を採用し、短いサイレンサーにこだわりながら、よくぞここまでジェントルな音を構築できたものだと思う。ちなみに開発陣によると、消音とパワーの両立という面では、サブサイレンサーと、エキパイのバイパスパイプが大きな役割を果たしているそうだ。

ではどんなときに、STDを上回る感触が得られるのかと言うと、それはもちろん、スロットルを積極的に開閉したときである。パワーカーブに極端な差はないものの、サイクロン装着車はSTDより吹け上がりスピードが格段に速くなっているし、レッドゾーン手前の領域では、目が付いて行かなくなるほどの加速が体感できる。低回転域ではズヴァッ!という重厚な排気音が、回転の上昇とともにクゥオーッ!という刺激的な高音に変化する感触も、STDでは得られないものだろう。

それに加えて、減速時のエンブレが滑らかなことや、ハンドリングが軽くなっていることもサイクロン装着車ならではの美点だが、今回の試乗で僕が最も感心したのは、スロットルの開け方に対するエンジンの反応だった。

と言っても、ジワッと開ければジワッと、ガバッと開ければガツーンと反応するのは、STDもサイクロン装着車も同様である。でもサイクロン装着車は、まずジワッと開けたときの反応がSTDより優しいし、ここぞという場面でガバッと開ければ、STDより鋭くて力強いトルクと、これぞ並列4気筒!と言いたくなる咆哮が体感できる。このあたりを把握した僕は、やっぱりヨシムラはライダーの気持ちをわかっているなあ……と、しみじみ感心。
なお、操作に対するエンジンの反応が従順になったことで、コーナー進入時に車体を前下がりにしたり、旋回中にちょっと車体を起こしたりと、スロットルワークで姿勢を制御しやすくなったこともサイクロン装着車の美点だ。 冒頭で述べた要素について、念のために注釈を加えておくと、ヨシムラのKATANAとZ900RSは旧車っぽくなったわけではない。とはいえ、オブラートを取り去ったかのように、エンジン本来の資質が満喫でき、スポーツライディングが存分に楽しめるという点で、サイクロン装着車には、旧車に通じる雰囲気が感じられるのだ。

200430_bm_p9_05-680x454.jpg▲写真はZ900RS いずれの車両用も1/2番と3/4番のエキパイを連結。この機構の狙いもサブサイレンサーと同様に消音と出力特性の改善だ。パイプの外径は25.4/27mm。

ヨシムラ初のKATANA用フルエキ
SUZUKI KATANA(19)
機械曲チタンサイクロン Duplex Shooter 政府認証

200430_bm_p9_06-680x453.jpg

●音量:近接94dB/5000rpm・加速82dB
●重量:TM 7.5kg/TT・TTB 7.3kg(STD 11.0kg)

ヨシムラ初となるKATANA用フルエキは、当初は昔ながらのシンプルな構成で開発がスタート。とはいえ、理想の出力特性と音質を実現しながら排出ガス・騒音規制に対応するためには巨大なサイレンサーが必要で、その状態でのルックスはお世辞にもカッコいいとは言えなかったという。これらの問題を解決したのがサブサイレンサー+バイパスパイプなのだ。

200430_bm_p9_12-585x680.jpg
サイクロン装着車のパワーカーブ(赤)は全域でSTDを上回る。最も差異が大きいのは中回転域だ。

焼入れエキパイも選べる

■焼けなし色
200430_bm_p9_07-680x651.jpg

■Fire Spec
200430_bm_p9_08-539x680.jpg
エキパイとテールパイプはチタンの素材色だが、+1万6500円で焼き色付きのFire Specも選択可

サイレンサーは3種類

φ105×410㎜のサイレンサーは新規開発品で、カバーは3種類を準備。Z900RS用も寸法は同じだが、内部構造は各車専用となる。

■TT(チタンカバー)
200430_bm_p9_09-680x454.jpg●税込価格:22万円

■TM(メタルマジックカバー)
200430_bm_p9_09-02-680x510.jpg●税込価格:22万3300円

■TTB(チタンブルーカバー)
200430_bm_p9_11-680x510.jpg●税込価格:22万5500円

【Webikeショッピング】
YOSHIMURA : KATANA用 機械曲 チタンサイクロン Duplex Shooter 政府認証 商品ページ

ストレート管に次ぐZ用
KAWASAKI Z900RS/CAFE
機械曲チタンサイクロン Duplex Shooter 政府認証

200430_bm_p9_13-680x454.jpg

●音量:近接96dB/4250rpm・加速82dB
●重量:TM 7.5kg/TT・TTB7.3kg(STD 12.0kg)

200430_bm_p9_14-676x680.jpg

発売中のストレートサイクロンは中回転域がわずかにSTDに及ばないそうだが、新型サイクロンは全域でSTDを凌駕。φ38mmのエキパイやφ54mmのテールパイプ径はKATANAと共通だが、Z900RS用は全長がやや長め。仕様や価格はKATANA用と同一だ。

【Webikeショッピング】
YOSHIMURA : Z900RS/CAFE 用 機械曲 チタンサイクロン Duplex Shooter 政府認証 商品ページ

開発中パーツを満載 今後にも期待!

200430_bm_p9_15-680x454.jpg

今回はマフラーにスポットを当てたものの、現在のヨシムラはカタナ/Z900RS用として、さまざまなパーツを開発している。中でも、市販が目前に迫ったKATANA用ローハンドルキット「X-CONTROL」とFRPカウル+タンクカバー、Z900RSの質感を高めるべく、エーテックと共同で生み出したカーボン外装は、多くのライダーから注目を集めることになるだろう。

YOSHIMURA 刀 低いハンドルでも干渉なし!

■FRP外装

200430_bm_p9_16-680x454.jpg
200430_bm_p9_17-680x454.jpg
200430_bm_p9_17-2-680x454.jpg
STDにX-CONTROLを装着すると外装と接触してしまうが、ハンドルの軌道を避けて、STDと同じ切れ角を確保するべく開発中なのがオリジナルのカウルとタンクカバー。3本のダクトや「ヨシムラ」の浮き文字など、STDよりシャープなデザインも魅力。

■ハンドルKIT X-CONTROL

200430_bm_p9_18-680x454.jpg
200430_bm_p9_19-680x454.jpg▲フルロックまで切れる!

独創的な構造のX-CONTROLは、セパレート式ハンドルの装着が困難なKATANAで、かつてのGSX1100Sカタナの乗り味を再現するためのパーツ。絶妙の絞り角とタレ角は、カタナ&KATANAを知り尽くしたヨシムラならではで、乗車時の上半身の前傾はさほどキツくない。

【Webikeショッピング】
ヨシムラ : KATANA用パーツ 商品ページ

YOSHIMURA Z 織り目が大きい独自仕様

■フロントフェンダー
200430_bm_p9_20-680x454.jpg

■リヤフェンダー
200430_bm_p9_21-680x454.jpg

■サイドカバー
200430_bm_p9_22-680x454.jpg

■ラジエターカバー
200430_bm_p9_23-680x454.jpg

近日中の市販を予定するZ900RS用カーボンパーツは、いずれもエーテックとの共同開発品。なおエーテックのカーボンパーツにはさまざまな製法が存在するが、ヨシムラは織り目をかなり大きめに設定。既存のカーボンカバーとは異なる、独創的な質感を構築している。

【Webikeショッピング】
ヨシムラ : Z900RS用パーツ 商品ページ

YOSHIMURA MONKEY レーシーで愛らしい雰囲気

200430_bm_p9_24-680x454.jpg

200430_bm_p9_25-680x445.jpg▲71年のオンタリオ250に参戦したクラウス・ホンダ・ヨシムラCB750FOUR(左上。並列4気筒車では世界初の集合管装着車)を模した塗色のモンキー125 。

■メーターバイザー
200430_bm_p9_26-454x680.jpg●税込価格:無塗装1万780円/塗装済み1万7380~1万8480円(赤、黄、青、黒)

■フェンダーレスキット
200430_bm_p9_27-680x454.jpg

メーターバイザーは4月発売の新製品で、猿の肉抜きが楽しいフェンダーレスは開発中。どちらも愛らしさ抜群!

【Webikeショッピング】
ヨシムラ : モンキー125用パーツ 商品ページ

【ウェビック バイク選び】
【KATANA】の新車・中古車を見る
【Z900RS】の新車・中古車を見る
【Z900RS CAFE】の新車・中古車を見る
【モンキー125】の新車・中古車を見る

20170801_bigmachine_680_228.gif

           

ウェビックチェックインラリー2021でポイントゲット
   
Webikeアプリにニュース機能が新規追加
ページ上部へ戻る