トライアンフ「スピードツイン」にリコール 最悪の場合、リンケージが外れギヤチェンジ操作ができなくなるおそれ


※参考画像

■リコール対策届出日
令和2年4月17日

■リコール対策届出番号
外-3026

■リコール対策開始日
令和2年4月17日

■届出者の氏名又は名称
トライアンフモーターサイクルズジャパン株式会社
代表取締役 野田一夫

■問い合わせ先
03-6453-9810

■不具合の部位(部品名)
変速装置(ギヤチェンジリンケージ)

■基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因

ギヤチェンジリンケージのネジ部において、製造工程の作業手順が不適切なため、ネジロック剤の効果がなくなっているものがある。そのため、ギヤチェンジ操作を繰り返すとネジが緩み、最悪の場合、リンケージが外れ、ギヤチェンジ操作ができなくなるおそれがある。

■改善措置の内容
全車両、ネジ部のネジロック剤を除去し、正常なネジロック剤を塗布して組み付ける。

■不具合件数
5件

■事故の有無
無し

■発見の動機
市場からの情報による。

■自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置
・使用者:ダイレクトメール及び販売店から電話にて通知する。
・自動車分解整備事業者:日整連発行の機関紙に掲載する。
・対策実施済車には、ステアリングステム部に外-3026 のステッカーを貼付する。

■車名
トライアンフ

■リコール対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間・台数
・通称名:「スピードツイン」
  型式:2BL-DHJ1200
  車台番号:SMTDAD85H4K922420 から SMTDAD85H4L982152
  製作期間:平成30年11月18日 から 令和元年10月30日
  対象台数:220台

■合計
・製作期間の全体の範囲:平成30年11月18日 から 令和元年10月30日
・計1型式1車種
・計220台

【注意事項】
・リコール対策対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。

→全文を読む

情報提供元 [ 国土交通省 ]

20150605_mybike_impcamp_800_250

中古車や、譲渡で入手したバイクだと、リコールの情報が届かないことも。WebikeではMYバイクへの登録で、リコール情報をメールにてお届けします!
 ※アカウントの登録が必要です
Webikeコミュニティ MYバイク登録方法

関連記事

編集部おすすめ

  1. バイク王&カンパニーは、2020年6月1日(月)より「バイク王 蘇我店特設会場」にハーレーダ…
  2. 乗るのたの士【更新】 マスキングには苦戦しましたが、色の調合はスムーズにいくのか?!乗るの…
  3. 乗るのたの士【更新】 Z900RSの塗装にチャレンジ!選んだカラーはやっぱりあの色!人生初…
  4. ボッシュは、二輪車の周囲をモニターし、前走車との安全な車間距離を維持するレーダーベースのアシ…
ページ上部へ戻る