’19 MotoGPを振り返る〈ホンダ編〉【トップチームを衝き動かす危機感】

手が届かないところに行ってしまった──。ライバルたちにそう思わせるほど強かった、’19シーズンのマルク・マルケス選手×ホンダRC213Vの組み合わせ。より高みを目指すがゆえの”苦しいシーズン”について、ホンダ・レーシング関係者の話を交えつつ振り返る。

●文:高橋 剛 ●:取材協力・写真:本田技研工業

マルケス、圧勝。一切手綱を緩めぬ、別格の恐ろしさ

#93:マルク・マルケス
#99:ホルヘ・ロレンソ

現実的にこんなことが起きるとは、にわかには信じがたい結果だった。もはやマンガだ。いや、マンガにしてもあり得ない荒唐無稽さだ。’19年のマルク・マルケスは、全19戦のうち優勝12回、2位6回。第3戦アメリカGPのリタイヤを除き、完走したレースすべてを優勝と2位で終えたのだ。「チャンピオン」という言葉がこれほど似合う結果もない。各チーム関係者やライダーからも、「マルケスは別として……」という言葉が自然に流れ出る。完全に別格扱いだ。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 箱根ターンパイクと一般社団法人かながわ西結婚推進協議会は、NPO法人おだわら名工舎、中日本高…
  2. ウィズミーは、「袖ヶ浦フォレストレースウェイ走行会」を6月7日(日)に、「筑波2000走行会…
  3. ダートフリークは、ZETAから角度調整機能付きスクリーンとモバイル用マウントバーが一体となっ…
  4. モトグッツイ専売店のモトグッツイ名古屋北は、ニューモデル試乗会「Back to Ride キ…
ページ上部へ戻る