「Kawasaki Racing Team Suzuka 8H」が鈴鹿8耐参戦体制を発表

カワサキモータースジャパンは、2020年7月16日(木)から19日(日)に開催される 「2019-2020FIM世界耐久選手権シリーズ最終戦”コカ·コーラ” 鈴鹿8時間耐久ロードレース第43回大会」に川崎重工のファクトリーチーム「Kawasaki Racing Team Suzuka 8H」が参戦することを発表した。

同チームは、前回大会で激闘の末26年ぶり2度目の優勝を果たした。今大会では、Kawasakiとして初となる連覇を目指して戦う。
ライダーは、前回大会でエースライダーとして優勝に大きく貢献し、またスーパーバイク世界選手権(WSBK)で前人未到の5連覇を達成したジョナサン・レイ、2020年シーズンよりジョナサン・レイのチームメイトとしてWSBKに参戦中で鈴鹿8耐優勝経験もあるアレックス・ロウズ、同じくWSBK参戦中で経験豊富なベテラン、シャビ・フォレスの3人。マシンは、Ninja ZX-10RR(鈴鹿8耐仕様)。

チーム名

Kawasaki Racing Team Suzuka 8H

マシン

Ninja ZX-10RR(鈴鹿8耐仕様)

監督

ギム・ロダ(Guim Roda)

ライダー

ジョナサン・レイ(Jonathan Rea)

■生年月日
1987年2月2日

■出身地
イギリス

■所属
Kawasaki Racing Team WorldSBK

■主な戦績
「スーパーバイク世界選手権」で2015年以降
5年連続チャンピオン

■コメント
まずは今猛威をふるう新型コロナウィルスについて、世界中の皆さんの健康をお祈り致します。今は皆さんの安全が第一ですが、エキサイティングなニュースもお届けできて嬉しく思います。8耐は私にとって大きなモチベーションであり、また参戦できることを大変喜ばしく思います。肉体的にも精神的にも非常にタフなレースですが、昨年に続き今年もまた勝ちたいと強く思います。今年もチーム一丸となって連覇を目指します。8耐で皆さんに会えるのを楽しみにしています。

アレックス・ロウズ(Alex Lowes)

■生年月日
1990年9月14日

■出身地
イギリス

■所属
Kawasaki Racing Team WorldSBK

■主な戦績
2019年スーパーバイク世界選手権3位
2018年スーパーバイク世界選手権6位
2017年スーパーバイク世界選手権5位
2016年スーパーバイク世界選手権12位
2015年スーパーバイク世界選手権10位

■コメント
新型コロナウイルスにより私たちは深刻な事態に直面しています。私たちは一致団結しお互いを支え合い、家族や恋人をサポートし、この困難な状況を一緒に乗り越えていく必要があると考えています。他方で、8耐参戦という明るいニュースをお伝えできて嬉しく思います。昨年素晴らしい仕事をして勝利を収めたチームに加わって連覇に挑戦できることを楽しみにしています。鈴鹿をNinja ZX-10RRで走るのは初めてですが、日本のファンの応援を受けながら走るのは大変楽しみですし、その応援が力になると思います。連覇に向けて全力を尽くしますので、皆さん応援よろしくお願いします。

シャビ・フォレス(Xavi Fores)

■生年月日
1985年9月16日

■出身地
スペイン

■所属
Kawasaki Puccetti Racing

■主な戦績
2019年ブリティッシュスーパーバイク選手権9位
2018年スーパーバイク世界選手権7位
2017年スーパーバイク世界選手権7位
2016年スーパーバイク世界選手権9位
2015年スーパーバイク世界選手権19位

■コメント
新型コロナウイルスのために大変な状況が続いていますが、一刻も早く日常を取り戻せるよう最善を尽くしましょう。8耐についてですが、昨年優勝した素晴らしいチームでジョナサン、アレックスと共に参戦できることを非常に嬉しく思います。カワサキにとって連覇をかけた重要なレースですし、私にとっても楽しみな挑戦です。連覇に向けて皆さんの応援を心待ちにしています。

情報提供元 [ カワサキモータースジャパン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. バイク王&カンパニーは、2020年6月1日(月)より「バイク王 蘇我店特設会場」にハーレーダ…
  2. 乗るのたの士【更新】 マスキングには苦戦しましたが、色の調合はスムーズにいくのか?!乗るの…
  3. 乗るのたの士【更新】 Z900RSの塗装にチャレンジ!選んだカラーはやっぱりあの色!人生初…
  4. ボッシュは、二輪車の周囲をモニターし、前走車との安全な車間距離を維持するレーダーベースのアシ…
ページ上部へ戻る