KOODのアクスルシャフトは素材から製造までMade in JAPANで高品質・高性能!

KOOD(クード)アクスルシャフトは素材の選択から製造まで『Made in JAPAN』にこだわった高品質、高性能なカスタムパーツです。

材質は日本製のクロームモリブデン鋼で、生材から熱処理を加え、ひずみをプレスで修正。再度熱を加えた素材を使用します。これも強度と粘りを兼ね備えるクロモリの特性を最大限に引き出すためのこだわりなのです。
さらに、手間のかかるセンターレス研磨と3層ものメッキ加工を行い、高い精度を実現させました。バイクメーカーの開発やテストでアクスルシャフトに重点が置かれることはまずありません。それだけにクードアクスルシャフトは、走りを劇的に変える効果があるのです。

DUCATI パニガーレシリーズ8耐スペックフロントシャフト登場!

「鈴鹿8時間耐久ロードレースを戦い抜く!」を開発コンセプトに新開発されたのが8耐スペックシャフトに使われている「KDPコート」です。

通常の3層メッキコートとは違い、硬度を2倍にすることにより、耐久性、平滑性、摺動性が格段に向上しました。
過酷な環境にある耐久レースでもスムーズにタイヤ交換が行える優れたアクスルシャフトがKDPコートをまとった8耐スペックシャフトです。

今回このPanigaleシリーズ8耐スペックシャフトも8耐車両と同様に「ジュラコン製カバー」も装着しており、気分を一層向上させてくれます。

→全文を読む

▼ウェビックwebモーターサイクルショーはこちら

関連記事

編集部おすすめ

  1. バイク王&カンパニーは、2020年6月1日(月)より「バイク王 蘇我店特設会場」にハーレーダ…
  2. 乗るのたの士【更新】 マスキングには苦戦しましたが、色の調合はスムーズにいくのか?!乗るの…
  3. 乗るのたの士【更新】 Z900RSの塗装にチャレンジ!選んだカラーはやっぱりあの色!人生初…
  4. ボッシュは、二輪車の周囲をモニターし、前走車との安全な車間距離を維持するレーダーベースのアシ…
ページ上部へ戻る