カワサキ設計のビモータモデルが存在した!? ハブステア特許図をキャッチ→真の狙いは3輪か

ビモータの復活がEICMA2019で発表され、その際にお披露目された「TESI H2(テージ エイチツー)」はフレームを持たない最新世代ハブステア機構でファンを驚かせた。しかし今回入手したカワサキの特許図の出願日は2018年夏。ビモータ設計が固まる前に、カワサキによる設計もあり得たのか。または違った狙いがある……?

2019年末公開の特許図には前2輪/後1輪の3輪バイクの姿が!

ハブステアの特許には注目したい記述があったのでピックアップしてみよう。

まずひとつめは、「本発明は、上記実施形態に限定されるものではなく、本発明の趣旨を逸脱しない範囲で、その構成を変更、追加、又は削除できる。操舵輪は、前輪に限定されない。また鞍乗車両は、三輪自動車又は四輪自動車でもよい。駆動源は、エンジンのほか、走行用の電動モータでもよいし、走行用のエンジンと走行用の電動モータとの両方を備えるものでもよい。」という部分。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 乗るのたの士を更新 引き続き、教習所の様子をお届けします。乗るのたの士44歳、予想外に…
  2. ヨシムラは、クロスカブ110(’19)用となる「機械曲 GP-MAGNUMサイクロン TYP…
  3. Z900RSカスタム番外編 ドレミコレクションの武社長わざわざ来ていただきました。 …
  4. ユーザー:森の熊さん 車種名:HONDA モンキー125 今回は、モンキー…
ページ上部へ戻る