【新車】ホンダ コンセプトモデル「CB-F コンセプト」をWEBで世界初公開

Hondaは、「第36回 大阪モーターサイクルショー2020」と「第47回 東京モーターサイクルショー」に出展を予定していた「CB-Fコンセプト」をコンセプトモデルとしてWEBで世界初公開した。

CB-Fコンセプトは、昨年CB生誕60周年の節目を機に、改めてCBの歴史を振り返り、 Hondaを代表するスポーツバイクであるCBの”守り抜く事・変革する事”を徹底的に議論し、導き出された提案の一つである。

その60年の歴史の中でCBの盤石化に寄与し、北米などのレースシーンでも活躍した日本発のグローバルモデルとして、一時代を画したCB750F(輸出モデル:CB900F)に敬意を込め、デザインモチーフを踏襲しながら最新の技術で仕上げたチャレンジングなモデルだ。

エンジンは、伸びやかな吹け上がりや、力強いトルクを持つ水冷・4ストローク・D0HC・4バルブ・直列4気筒998ccを搭載。フレームは、軽量な高張力鋼のモノバックボーンを採用。足回りには、市街地からワインディングまで路面追従性に優れ、上質なライディングフィールを提供する倒立フロントフォークに、リアにはアルミ製の軽量片持ちスイングアームのプロアームを採用している。

なお、このCB-Fコンセプトをはじめ「第36回 大阪モーターサイクルショー2020」「第47回 東京モーターサイクルショー」で展開が予定されていたHondaブース及び、28台の、さまざまなカテゴリーの二輪車が3月27日(金)より、HondaのWEBサイトにて「Honda バーチャルモーターサイクルショー」として公開されている。

【関連ニュース】
「Honda バーチャルモーターサイクルショー」が3月27日(金)より公開

CB-Fコンセプト

▲タンクからシートにかけて伸びるブルーラインはスペンサーカラーを忠実に再現している

▲タンクの造形から「CB750F」の雰囲気が感じられた

▲上のラインはシートのワンポイントにもなっている

▲メーターは仮となっていたがTFTの可能性もある

▲ステッチから高級感が漂うシート

▲CB1000Rのパワーユニットを搭載

▲プロアームがよりリアビューを映えさせる

・全長×全幅×全高(mm):2120×790×1070
・エンジン種類:水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ・直列4気筒
・総排気量(cm 3):998
・トランスミッション:6速

モデル概要

守り抜くCB、変革するCB

CBは、実用二輪車中心だった1959年、「ベンリイCB92スーパースポーツ」が登場して以来、レースで培った独創的な技術の反映とともにライダーとの親和性を高め続け、多彩な楽しさをグローバルに提供するHondaスポーツバイクの代表ブランドである。

2019年には誕生60周年を迎え、日本では様々なCBのイベントを展開する中で、多くのユーザーから「次のCB」への熱く、強い期待が寄せられていた。それはHonda開発陣にとって、「常にお客様とともにあるCB」「新たな市場を創造してきたCB」の価値を見つめ直す機会へとつながり、この『CB-Fコンセプト』への提案の動機となったという。

世界中のユーザーとともに築いてきた「F」の系譜。それは、市街地での取り回しからツーリング先のワインディングロードやタンデムライドまで、ライダーの求める幅広いファンライドに応える「懐の深さ」と情緒豊かな走りの提供を意味している。また同時に、「日本オリジナルのスポーツバイク」を広く世界中に問い続けてきた先人達の、チャレンジに満ちたものづくりの気概を、これからも受け継いでいく覚悟の証として提案されたモデルが、今回の「CB-Fコンセプト」である。

「CB-Fコンセプト」は、日本からグローバルに提案するコンセプトモデルとして、今後日本のみならず世界のユーザーに実車を観覧する機会を通し、「今後のCB」に対するHonda自身の考えをより深めるために開発されたのだ。

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 乗るのたの士を更新 引き続き、教習所の様子をお届けします。乗るのたの士44歳、予想外に…
  2. ヨシムラは、クロスカブ110(’19)用となる「機械曲 GP-MAGNUMサイクロン TYP…
  3. Z900RSカスタム番外編 ドレミコレクションの武社長わざわざ来ていただきました。 …
  4. ユーザー:森の熊さん 車種名:HONDA モンキー125 今回は、モンキー…
ページ上部へ戻る