賀曽利隆の「ツーリングマップル東北2020年版」

【賀曽利隆:冒険家・ツーリングジャーナリスト】

みなさ~ん、『ツーリングマップル東北』の2020年版が発売されました。それを持ってさっそく東北へ。東日本大震災の3・11に合わせて東北の太平洋岸を走ってきました。ぼくにとっては第25回目の「鵜ノ子岬(福島)→尻屋崎(青森)」になります。

みなさんにまずお伝えしたいのは、東日本大震災から9年目にして、ついにバイクで福島県内の国道6号の全線が走れるようになったことです。胸のつかえが取れたような気分です。さっそく走りにやってきた何台ものバイクとすれ違いましたが、ライダーのみなさんたちとはすれ違いざまに、ガッツポーズやピースサインをかわしました。みなさんたちからは、走れるようになった喜びがおおいに伝わってきました。

▲『ツーリングマップル東北2020年通常版)』の表紙

ところで『ツーリングマップル東北』の2020年版ですが、「通常版」の表紙は八甲田山(青森)です。酸ヶ湯温泉の「まんじゅうふかし」のすぐそばで、正面に見えているのは硫黄岳(1360m)です。

ぼくはこの表紙がすごく気に入っていますが、この写真はまったくの偶然から撮られたものです。「まんじゅうふかし」でゴロンと横になって5分寝をしたあと、硫黄岳をバックにした走行写真を撮ろうということになりました。そこでバイクを回転させたのですが、その瞬間を見逃さずに巣山カメラマンが撮ってくれた1枚。バイクはスズキのSV650です。
裏表紙は「ヤマハ バイクレンタル」の広告ページになっています。

▲『ツーリングマップル東北2020年R版)』の表紙

つづいて「R版」ですが、表紙は男鹿半島(秋田)です。男鹿水族館GAO近くの登り坂のコーナーで、背景の海は戸賀湾。この写真は狙い通りの1枚といってもいいもので、ここからの男鹿半島の西海岸は東北の絶景ルートです。

裏表紙は三瀬海岸(山形)。国道7号の三瀬の交差点からわずかに入ったところです。三瀬海岸の巨岩・奇岩には目を奪われますが、みなさんが普段走る国道7号から、ほんのわずかに入ったところにあります。

▲『ツーリングマップル東北2020年R版)』の裏表紙

みなさんにぜひとも見てもらいたいのは、巻末の写真ページの「カソリの轍2020」です。2020年版の表紙撮影では巣山カメラマンが3日間、同行してくれましたが、そのうちの第3日目の写真なのです。弘前を出発し、岩木山、八甲田山、奥入瀬渓流、十和田湖、八幡平、岩手山とまわり、東北道の西根ICで巣山カメラマンと別れたのですが、その間の一連の写真なのです。東北を旅する面白さが十分に出ていると自画自賛しています。

巣山カメラマンは3日間同行してくれたといいましたが、第1日目は455枚、第2日目は399枚、第3日目は298枚の写真を撮ってくれました。合計すると1152枚になります。
そのうち3枚は表紙に使われ、巻末の6ページの「カソリの轍2020」では40枚、16ページの小冊子では35枚が使われました。ということで、巣山カメラマンの残りの1074枚の写真の中から、『ツーリングマップル東北2020年版』で使われなかった写真33枚を選んでみましたので、ぜひともご覧になってください。

第1日目 鼠ヶ関→能代

写真撮影:巣山悟 写真提供:昭文社

▲日本海の海岸。後ろに立岩が見える

▲廃業した立岩海底温泉の湯が流れ出ている

▲三瀬海岸の海沿いの道を行く

▲三瀬海岸で万歳!

▲ここは三瀬海岸の海水浴場

▲国道7号から由良海岸を見下ろす

▲由良海岸の白山島の白山神社を参拝

▲日本海の「庄内夕陽街道」を行く

▲残雪の鳥海山を見る

▲絶景路の鳥海ブルーラインを走る

▲男鹿半島の「なまはげ像」

▲男鹿半島西海岸の絶景ルートを行く

▲水田の向こうに男鹿三山を見る

▲寒風山の妻恋峠に到達!

▲寒風山の山頂からの眺め

▲男鹿半島東海岸の海

▲米代川の河口に沈む夕日

第2日目 能代→龍飛崎

▲能代の「ルートイン」を出発。さー、行くぞ!

▲五能線の列車を見る

▲道の駅「はちもり」で名水の「お殿水」を飲む

▲国道101号で秋田県から青森県に入る

▲ここは十二湖の第1番目の「八景ノ池」

▲岩崎海岸の海岸美

▲舮作崎の灯台

▲舮作漁港に下っていく

▲五能線の驫木駅。駅前は日本海

▲鰺ヶ沢の焼きイカ通り。イカを干している

▲広域農道のメロンロードを行く

▲ここは岩木川の河口

▲絶景路、龍泊ラインの眺瞰台

▲龍泊ラインの眺瞰台からの眺め

▲龍飛崎の龍飛漁港にやってきた

▲龍飛崎の灯台

みなさん、ぜひとも書店で『ツーリングマップル東北2020年版』の実物を手に取って見てください。

2020年版 巻頭言

最後になりますが、2020年版のカソリの巻頭言をお読みください。

2020年版の実走取材は2019年6月1日に開始した。9月4日までの間で5回にわたって東北全域を駆けまわり、30日間で10232キロを走った。しかしこれは公式の実走取材で、「みちのくライダー・カソリ」は1月から12月まで、1年を通して東北各地を走りまわっている。東北はそれほどまでに面白く、魅力的なのだ。特筆すべきは鳥海山と岩木山の2名山に登ったことだ。鳥海山では出羽の一宮の大物忌神社本社、岩木山では津軽の一宮の岩木山神社奥宮を参拝した。
3月11日には東北大平洋岸最南端の鵜ノ子岬を出発し、東北太平洋岸最北端の尻屋崎まで走った。これが東日本大震災以降、第22回目の「鵜ノ子→尻屋崎」になる。夏の実走取材では第23回目の「鵜ノ子岬→尻屋崎」を走った。「鵜ノ子岬→尻屋崎」はこれからもずっとつづけるつもりだ。
このようにして1年をかけて東北各地を走りまわって得た情報を『ツーリングマップル東北』に反映させています。ということでみなさんには、ぜひとも最新の『ツーリングマップル東北』を見てもらいたいのです。これを持って東北に向かって欲しいのです。東北ツーリングの途中でカソリを見かけたら、気軽にお声をかけてくださいね。
(賀曽利隆)

▲この20年間の『ツーリングマップル東北』を並べてみた。すごい迫力!

【ウェビック バイク選び】
【SV650】の新車・中古車を見る

賀曽利隆

賀曽利隆 冒険家・ツーリングジャーナリスト

投稿者プロフィール

1947年東京生まれ。
1968年から2年間をかけてアフリカを一周したのを皮切りに、アジア、ヨーロッパ、オーストラリア、北アメリカ、南アメリカと、バイクで世界の6大陸を駆けめぐる。
1975年の結婚後も旅をつづけ、赤ん坊連れでの「シベリア横断→サハラ砂漠縦断」を成しとげる。
1980年、鈴木忠男さん、風間深志さんとバイクでキリマンジャロ挑戦。1982年には風間深志さんと「パリ→ダカールラリー」に日本人ライダー初の参戦を果たす。
1987年~1988年には「サハラ砂漠往復縦断」を成しとげる。
「30年代編日本一周」以降、10年ごとの「年代編日本一周」を繰り返し、2018年12月31日には1年4ヵ月に及ぶ「70代編日本一周」を終えた。
「年代編日本一周」とは別に、「島めぐり日本一周」、「温泉めぐり日本一周」、「林道日本一周」の「テーマ編日本一周」もおこなっている。2006年~2007年の「温泉めぐり日本一周」では1年間で3,063湯の温泉(温泉地)に入り、ギネスの世界記録に認定されている。『ツーリングマップル』の「東北」担当で、東北の道という道を精力的に走りまわっている。モットーは「生涯旅人!」

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. エキスパート・パッション・プレミアムをコアバリューに掲げるグローバルブランド「elf(エルフ…
  2. 大人気Ninja H2のTRICKSTAR用カスタムパーツをご紹介! 最高速チャレンジ、テ…
  3. 運転中のスマホ使用やナビの注視など、「ながら運転」を厳罰化した改正道交法の施行令が2019年…
  4. 1967年に創業されたエルフは、50年以上にわたりモータースポーツに積極的に参加していること…
ページ上部へ戻る