’20カワサキ Ninja ZX-25Rスタイリング解説【250cc4気筒の復活を待て】

脳天を貫くフォーミュラサウンド、2万rpmに迫る超高回転域…。長らく途絶えていたハイメカの極致、250cc4気筒が現代に甦る。2019年東京モーターショーで発表されたカワサキNinja ZX-25Rは、ヤングマシン本誌では’20年10月頃の発売を予想。モーターショー以来、新情報がなかなか出回らない状況ではあるが、ここであらためて現時点で判明していることをまとめておこう。まずはクラスを超越した造形美にあふれるスタイリングから。

●まとめ:沼尾宏明 ●写真:真弓悟史、編集部

よりシャープで軽快なZX系のイメージに

2019年の東京モーターショーで展示されたカワサキNinja ZX-25Rの車両は、参考出品ながらまるで量産車のような完成度だった。まず目を惹いたのは、4気筒ながら車体がスリムである点。さすがに2気筒よりサイドのボリュームはある印象だが、コンパクトで扱いやすそうな雰囲気だ。

【ウェビック バイク選び】
【126cc-250cc/並列4気筒/スーパースポーツ系バイク】の新車・中古車を見る

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 箱根ターンパイクと一般社団法人かながわ西結婚推進協議会は、NPO法人おだわら名工舎、中日本高…
  2. ウィズミーは、「袖ヶ浦フォレストレースウェイ走行会」を6月7日(日)に、「筑波2000走行会…
  3. ダートフリークは、ZETAから角度調整機能付きスクリーンとモバイル用マウントバーが一体となっ…
  4. モトグッツイ専売店のモトグッツイ名古屋北は、ニューモデル試乗会「Back to Ride キ…
ページ上部へ戻る