元プロライダー・新辰朗が語るカスタムパーツ機能美の世界〈ストライカー〉

200309_08-680x422.jpg

カスタムパーツの世界で高い人気を誇るブランドが“STRIKER”だ。日本のみならず、アメリカでも活躍したプロライダー、新辰朗さんが手掛け、自らレースにも参戦することで開発。そのこだわりを2回に分けてお届けしよう。

自分が満足できる仕上がりまで追い込む

「マフラーのデザインを決定する際、サイレンサーが徐々にアップしていく角度、全体的なバランスがとても大事なんです。絶対的なルールがあるわけではないのですが、ひとつ言えるのは車体に対して自然な造形かどうか。全長も長過ぎず短過ぎず、パイプの径も太過ぎず細過ぎず、すべてがちょうどいいところに収まっていること。開発の過程ではこのスタイルを最優先しながら性能を出していく。マフラー製作の過程で最もこだわっている部分を挙げるなら、そこです」

【Webikeショッピング】
ストライカー:Z900RS用パーツ 商品ページ

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

           

20210201_wms_649_174.png
   
20210201_wms_336_280.png
ページ上部へ戻る