元プロライダー・新辰朗が語るカスタムパーツ機能美の世界〈ストライカー〉

カスタムパーツの世界で高い人気を誇るブランドが“STRIKER”だ。日本のみならず、アメリカでも活躍したプロライダー、新辰朗さんが手掛け、自らレースにも参戦することで開発。そのこだわりを2回に分けてお届けしよう。

自分が満足できる仕上がりまで追い込む

「マフラーのデザインを決定する際、サイレンサーが徐々にアップしていく角度、全体的なバランスがとても大事なんです。絶対的なルールがあるわけではないのですが、ひとつ言えるのは車体に対して自然な造形かどうか。全長も長過ぎず短過ぎず、パイプの径も太過ぎず細過ぎず、すべてがちょうどいいところに収まっていること。開発の過程ではこのスタイルを最優先しながら性能を出していく。マフラー製作の過程で最もこだわっている部分を挙げるなら、そこです」

【Webikeショッピング】
ストライカー:Z900RS用パーツ 商品ページ

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. エキスパート・パッション・プレミアムをコアバリューに掲げるグローバルブランド「elf(エルフ…
  2. 大人気Ninja H2のTRICKSTAR用カスタムパーツをご紹介! 最高速チャレンジ、テ…
  3. 運転中のスマホ使用やナビの注視など、「ながら運転」を厳罰化した改正道交法の施行令が2019年…
  4. 1967年に創業されたエルフは、50年以上にわたりモータースポーツに積極的に参加していること…
ページ上部へ戻る