スズキ「GSX-R125、GSX-S125」にサービスキャンペーン 同社の環境負荷物質削減の取組み基準に不適合の部品を交換

※参考画像

スズキは「GSX-R125」および「GSX-S125」におけるサービスキャンペーンを発表した。

原動機の冷却装置、燃料蒸発ガス抑止装置、変速装置の構成部品において、同社の環境負荷物質(六価クロム)削減の自主取り組み基準に適合しないものがあるため、対象となる全車両に対し、基準適合品と交換する措置がとられる。

以下公式サイト発表より


サービスキャンペーン詳細

サービスキャンペーン開始日

令和2年2月27日

不具合の内容

(1)原動機の冷却装置および燃料蒸発ガス抑止装置の構成部品において、弊社の環境負荷物質(六価クロム)削減の自主取り組み基準に適合しないものがあります。
(2)変速装置の構成部品において、弊社の環境負荷物質(六価クロム)削減の自主取り組み基準に適合しないものがあります。

改善の内容

(1)全車両、原動機の冷却装置および燃料蒸発ガス抑止装置の構成部品を自主取り組み基準適合品と交換します。
(2)全車両、変速装置の構成部品を自主取り組み基準適合品と交換します。

サービスキャンペーン対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間・台数

・通称名:「GSX-R125」
  型式:2BJ-DL33B
  車台番号:DL33B-100008 から DL33B-103381
  製作期間:平成29年11月1日 から 令和元年12月4日
  対象台数:3,264台
  備考:(1)3,264台、(2)985台

・通称名:「GSX-S125」
  型式:2BJ-DL32B
  車台番号:DL32B-100021 から DL32B-102484
  製作期間:平成29年9月13日 から 令和元年12月5日
  対象台数:2,294台
  備考:(1)2,294台、(2)579台

 合計
・製作期間の全体の範囲:平成29年9月13日 から 令和元年12月5日
・計5,558台
・備考:(1)計5,558台、(2)計1,564台

※上記の車台番号範囲のうち対象外が一部ございます。
備考(1)は、ホースクリップの交換対象台数。
備考(2)は、ギヤシフトレバー/リンクアームの交換対象台数。
ギヤシフトレバー/リンクアームの対象車両は、ホースクリップの対象車両と重複します。

ご注意
対象車の含まれる車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれる場合がありますので、詳しくは最寄りの販売店にお問い合わせください。対象車の製作期間は、ご購入の時期とは異なります。

→全文を読む

情報提供元 [ スズキ ]

20150605_mybike_impcamp_800_250

中古車や、譲渡で入手したバイクだと、リコールの情報が届かないことも。WebikeではMYバイクへの登録で、リコール情報をメールにてお届けします!
 ※アカウントの登録が必要です
Webikeコミュニティ MYバイク登録方法

関連記事

編集部おすすめ

  1. エキスパート・パッション・プレミアムをコアバリューに掲げるグローバルブランド「elf(エルフ…
  2. 大人気Ninja H2のTRICKSTAR用カスタムパーツをご紹介! 最高速チャレンジ、テ…
  3. 運転中のスマホ使用やナビの注視など、「ながら運転」を厳罰化した改正道交法の施行令が2019年…
  4. 1967年に創業されたエルフは、50年以上にわたりモータースポーツに積極的に参加していること…
ページ上部へ戻る