【新車】ヤマハ「MT-03 ABS」「MT-25 ABS」をマイナーチェンジ フロント周りのデザインを一新

ヤマハ発動機は、水冷・4ストローク・DOHC・直列2気筒・4バルブ・320cm3エンジンを搭載した「MT-03 ABS」および同249cm3エンジンを搭載した「MT-25 ABS」をマイナーチェンジし、2020年モデルとして3月28日より発売する。

2020年モデルは、次世代のMTシリーズを感じさせるスタイリングと所有感を満たす新装備の織り込みにより存在感を高めた。新たな特長は、1)先進性あふれる精悍なフロントフェイス、2)ビッグマシンイメージを彷彿させる燃料タンクカバー、3)マスフォワードを印象づけるフロント周りの“塊”感、4)市街地での機敏な走りを支える倒立式フロントサスペンション、5)市街地で乗りやすいアップライトなハンドルポジション、6)充実したメーターとハンドル周りの電装系、7)市街地からワインディングまで幅広く対応する新タイヤなど。

なお、製造は同社のグループ会社PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturing (YIMM)が行う。

【ウェビック バイク選び】
【MT-03】の新車・中古車を見る
【MT-25】の新車・中古車を見る

MT-03 ABS

メーカー希望小売価格:654,500円(消費税込み)

マットライトグレーメタリック4(マットライトグレー)



ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)



ブラックメタリック12(ブラック)



MT-25 ABS

メーカー希望小売価格:621,500円(消費税込み)

マットライトグレーメタリック4(マットライトグレー)



ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)



ブラックメタリック12(ブラック)



2020年モデルの新たな特長

1) 先進性あふれる精悍なフロントフェイス

フロントフェイスは2眼LEDポジションランプと超小型LEDヘッドランプを採用し、次世代「MT」に相応しい精悍さと先進性あふれるイメージを演出。ポジションランプには導光体を配し、ラインビームを照射する機能を持たせ、十分な光量とユニークさを実現しています。

2) ビッグマシンイメージを彷彿させる燃料タンクカバー

新デザインのタンクカバーは、ビッグマシンをイメージし左右幅を51mm拡大しながら、ニーグリップ性にも配慮した形状とし、フィット感とボリューム感を両立しています。

3) マスフォワードを印象づけるフロント周りの“塊”感

フロント周りはフロントフェイス・燃料タンク・エンジンが一体感をもつ “塊”感あるスタイリングと、前寄りの重心設定でマスフォワード感や凝縮感を強調し「MT」らしい俊敏さを際立たせています。

4)スポーティな走りを支える倒立式フロントサスペンション

37mm径インナーチューブの倒立式フロントサスペンションを新たに採用。剛性バランスに優れて旋回時や制動時に良好なフロント接地感をもたらし、市街地での機敏な走りを支えます。

5)市街地で乗りやすいアップライトなハンドルポジション

従来モデルと比べ44mmハンドル位置を上げたアップライトなポジションにより、機敏なハンドリングと市街地での乗りやすさが向上しています。

6) 充実したメーターとハンドル周りの電装系

液晶メーターとハザードスイッチを採用し、機能性を向上。液晶メーターはバーグラフタイプのタコメーターに加え、平均燃費、水温、ギアポジションなど多彩な情報を表示します。また、ハンドル右側のスイッチ操作で点灯するハザードランプは、小型LEDフラッシャーランプ(前後に新採用)とともに、日常での使い勝手と高品質感をいっそう向上させています。

7) 市街地からワインディングまで幅広く対応する新タイヤ(「MT-03 ABS」のみ)

新パターンのラジアルタイヤを採用し、ドライ&ウェットグリップ性と耐摩耗性を兼ね備え、ハンドリングの軽快さと乗り心地の快適さを向上させています。

「MT-03 ABS」 主要仕様諸元

認定型式/原動機打刻型式 2BL-RH13J/H405E
全長×全幅×全高 2,090mm×755mm×1,070mm
シート高 780mm
軸間距離 1,380mm
最低地上高 160mm
車両重量 169kg
燃料消費率*1 国土交通省届出値
定地燃費値 *2
41.3km/L(60km/h) 2名乗車時
WMTCモード値*3 27.6km/L(クラス3、サブクラス3-2)
1名乗車時
原動機種類 水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ
気筒数配列 直列2気筒
総排気量 320cm3
内径×行程 68.0mm×44.1mm
圧縮比 11.2:1
最高出力 31kW(42PS)/10,750r/min
最大トルク 29N・m(3.0kgf・m)/9,000r/min
始動方式 セルフ式
潤滑方式 ウェットサンプ
エンジンオイル容量 2.40L
燃料タンク容量 14L(「無鉛レギュラーガソリン」指定)
燃料供給方式 フューエルインジェクション
点火方式 TCI(トランジスタ式)
バッテリー容量/型式 12V,7.0Ah(10HR)/GTZ8V
1次減速比/2次減速比 3.043(70/23)/3.071(43/14)
クラッチ形式 湿式、多板
変速装置/変速方式 常時噛合式6速/リターン式
変速比 1速 2.500/2速 1.823/3速 1.347/
4速 1.086/5速 0.920/6速 0.800
フレーム形式 ダイヤモンド
キャスター/トレール 25°00´/95mm
タイヤサイズ(前/後) 110/70R17M/C 54H/140/70R17M/C 66H
(前後チューブレス)
制動装置形式(前/後) 油圧式シングルディスクブレーキ/油圧式シングルディスクブレーキ
懸架方式(前/後) テレスコピック/スイングアーム
ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ LED/LED

*1:燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります。
*2:定地燃費値は、車速一定で走行した実測の燃料消費率です。
*3:WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます。

「MT-25 ABS」主要仕様諸元

認定型式/原動機打刻型式 2BK-RG43J/G402E
全長×全幅×全高 2,090mm×755mm×1,070mm
シート高 780mm
軸間距離 1,380mm
最低地上高 160mm
車両重量 169kg
燃料消費率*1 国土交通省届出値
定地燃費値 *2
37.7km/L(60km/h) 2名乗車時
WMTCモード値*3 27.2km/L(クラス3、サブクラス3-2)
1名乗車時
原動機種類 水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ
気筒数配列 直列2気筒
総排気量 249cm3
内径×行程 60.0mm×44.1mm
圧縮比 11.6:1
最高出力 26kW(35PS)/12,000r/min
最大トルク 23N・m(2.3kgf・m)/10,000r/min
始動方式 セルフ式
潤滑方式 ウェットサンプ
エンジンオイル容量 2.40L
燃料タンク容量 14L(「無鉛レギュラーガソリン」指定)
燃料供給方式 フューエルインジェクション
点火方式 TCI(トランジスタ式)
バッテリー容量/型式 12V,7.0Ah(10HR)/GTZ8V
1次減速比/2次減速比 3.043(70/23)/3.071(43/14)
クラッチ形式 湿式、多板
変速装置/変速方式 常時噛合式6速/リターン式
変速比 1速 2.666/2速 1.882/3速 1.454/
4速 1.200/5速 1.037/6速 0.920
フレーム形式 ダイヤモンド
キャスター/トレール 25°00´/95mm
タイヤサイズ(前/後) 110/70-17M/C 54S/
140/70-17M/C 66S
(前後チューブレス)
制動装置形式(前/後) 油圧式シングルディスクブレーキ/油圧式シングルディスクブレーキ
懸架方式(前/後) テレスコピック/スイングアーム
ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ LED/LED

*1:燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります。
*2:定地燃費値は、車速一定で走行した実測の燃料消費率です。
*3:WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます。

【ウェビック バイク選び】
【MT-03】の新車・中古車を見る
【MT-25】の新車・中古車を見る

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

ページ上部へ戻る