GPX ジェントルマン レーサー200に試乗!/個性派お手軽外国モデル×3台試乗#01

30〜40万円台で買えるお手軽バイクたちの外国車編。今回はタイのGPXと、イタリアのアプリリアが日本で販売している3台のスタイルの異なる個性的なモデルを用意。ベテランとビギナー、それぞれの目にどう映るのかチェックだ。第1回はGPXのジェントルマン レーサー200に試乗する!

若い感性で作られた今どきカフェレーサーだ

ことり「カフェレーサーだけど、デザインや色使いが今っぽいというかレトロじゃないのが個人的に好き。それにスタイルの割にはライポジもきつくないし、シートも柔らかくて乗り心地がいいんですよ」

丸山「スクリーンの複雑な形状とかね。いい意味でカフェレーサーの定石から外れてると思うよ。老舗メーカーがカフェレーサーを作ろうとすると、どうしてもオリジナルのシンプルデザインに引きずられてしまう。それに本来のカフェレーサーは速さを追求したカスタムだから、もっと過激な乗り味になりがち。でも、これは違う。GPXは新興メーカーでしょ。だからデザインでも乗り味でも、昔の定石に縛られない若い人たちが欲しいと思うバイクをそのまま形にした感じがするな」

【Gentleman Racer200】の新車・中古車を見る

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ヤマハ発動機販売は、春の新生活に向けて125ccスクーターライフを応援する「原付二種盗難保険…
  2. カワサキモータースジャパンは、ライダーデビューを応援するために免許取得をサポートする「ライセ…
  3. カワサキモータースジャパンが3月1日(日)より、「総額3億円キャッシュバックキャンペーン」を…
  4. SB6Xがさらに使いやすく快適に サイン・ハウスは、Bluetoothインカム「B+COM…
ページ上部へ戻る