電撃試乗![インド仕様]スズキ“新油冷”ジクサー SF 250

激戦区のフルカウル250市場にスズキが投入してきた新作は、驚きの油冷シングル。水冷ツインのライバルがひしめく中、一際異彩を放ち、アツい注目を集めている。東京モーターショーで展示され、日本仕様の登場時期も気になるところだ。今回は並行輸入した海外仕様で日本の公道を激走! その真価を探った。

●文:沼尾宏明 ●写真:長谷川 徹

新技術で11年ぶりにお家芸の油冷が復活!

’19年、人気の250㏄クラスにスズキが油冷を引っ提げてやってきた。しかもフルカウルスポーツで――。これは大きなニュースではないか?

昔ながらのライダーにとって、スズキと言えば「油冷」のイメージが強い。’85年の初代GSX-R750を筆頭に、4気筒からシングルまで数々のマシンを送り出し、伝説をつくってきた。だが、’08年のGSX1400ファイナルエディションを最後に生産終了となり、水冷にバトンタッチした経緯がある。

油冷エンジンのメリットは数多い。空冷並みに構造がシンプルなため軽く設計できる上に、水冷に匹敵する熱交換率でパワーと耐久性も高い。この令和の時代に改めて復活させたからには、「油冷にはまだやれることがある」とスズキは考えているに違いない。

【ジクサー250SF】の新車・中古車を見る

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ヤマハ発動機販売は、春の新生活に向けて125ccスクーターライフを応援する「原付二種盗難保険…
  2. カワサキモータースジャパンは、ライダーデビューを応援するために免許取得をサポートする「ライセ…
  3. カワサキモータースジャパンが3月1日(日)より、「総額3億円キャッシュバックキャンペーン」を…
  4. SB6Xがさらに使いやすく快適に サイン・ハウスは、Bluetoothインカム「B+COM…
ページ上部へ戻る