E1 東名 海老名SA(下り)が2/27に第一期リニューアルオープン ショッピングコーナーや地元の人気店が登場

※イメージ

NEXCO中日本と中日本エクシスは、現在リニューアル工事を進めているE1 東名高速道路 海老名サービスエリア(下り)を2月27日(木)9時に第一期リニューアルオープンする。

高速道路で日本一の利用者数を誇る海老名SA(下り)が、商業施設の東側を約250m2増床し、新たにショッピングコーナーをオープンするほか、レストランとフードコートもリニューアルオープンする。

レストラン「海鮮三崎港」は、店の外からも店内の様子が見渡せるような開放感のある店舗となり、お寿司・お弁当などのテイクアウト商品を新たに販売。また、フードコートは、5店舗が先行オープン。地元・神奈川の人気らーめん店「なんつッ亭」や、「かながわの名産100選」にも認定された「あつぎ豚」の専門店「うすいファーム」(高速道路初出店)が新たにオープンする。

また、リニューアルオープンを記念して、2月27日(木)~3月1日(日)の4日間は、レストランとフードコートで割引メニューが販売される。

なお海老名SA(下り)は、今後もリニューアル工事が進められ、2020年6月には、「EXPASA海老名(下り)」としてグランドオープンする予定となっている。

参考資料:海老名SA配置図(PDF)

情報提供元 [ NEXCO中日本 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ヤマハ発動機販売は、春の新生活に向けて125ccスクーターライフを応援する「原付二種盗難保険…
  2. カワサキモータースジャパンは、ライダーデビューを応援するために免許取得をサポートする「ライセ…
  3. カワサキモータースジャパンが3月1日(日)より、「総額3億円キャッシュバックキャンペーン」を…
  4. SB6Xがさらに使いやすく快適に サイン・ハウスは、Bluetoothインカム「B+COM…
ページ上部へ戻る