オフロードもトライアルも公道も! どこでも行ける超軽量オフロードマシン『TRRS XTRACK RR-E250』 #ゴー・ライド

トライアル世界選手権で7度チャンピオンを獲得したジョルディ・タレス。そのタレス氏が開発しているトライアルマシンが TRRSだ。そのTRRSにセルを装備したニューモデルX TRACK RR-E250が登場。その走りを徹底チェック!

小林直樹がインプレ!
セル装備で70kg! どこでも行ける超軽量オフロードマシン

車重の軽いトライアルマシンの中でも、超軽量マシンとして知られているTRRS。世界選手権でアダム・ラガ選 手が使用するモデル「TRRSラガ レーシング」に、ビッグタンク、シー ト、セルスターターを搭載しているのが、「XトラックRRE250」だ。

ヨーロッパでは、ルートを移動しながらセクションに挑む「ツーリングトライアル」が長い歴史を持ち、日本でも「イーハトーブトライアル」が 40年以上開催されている。そうした競技に参加するトライアルマシンには、移動時の快適性を高めるためにシートを装着するが、TRRSはそのシートを独自に開発。セルスターターの搭載について、当初TRRSは重量増を嫌って否定的だったという。しかし、日本正規輸入元であるエトスデザイン近藤会長の熱心なオファーにより採用が決定。しかも単なる後付けではなく、クランクシャフト、フライホイール、クランクケースを新設計することで軽量コンパクトさを実現している。このXトラックRRE250の走りを、小林直樹師範に聞いてみよう。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ヤマハ発動機販売は、春の新生活に向けて125ccスクーターライフを応援する「原付二種盗難保険…
  2. カワサキモータースジャパンは、ライダーデビューを応援するために免許取得をサポートする「ライセ…
  3. カワサキモータースジャパンが3月1日(日)より、「総額3億円キャッシュバックキャンペーン」を…
  4. SB6Xがさらに使いやすく快適に サイン・ハウスは、Bluetoothインカム「B+COM…
ページ上部へ戻る