ヤマハ「TMAX」にリコール 最悪の場合、センタースタンドを操作した際に車両が転倒するおそれ


※参考画像

■リコール対策届出日
令和2年2月4日

■リコール対策届出番号
4654

■リコール対策開始日
令和2年2月5日

■届出者の氏名又は名称
ヤマハ発動機株式会社
代表取締役社長 日髙 祥博

■問い合わせ先
カスタマーコミュニケーションセンター
0120-090-819

■不具合の部位(部品名)
センタースタンド

■基準不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因

センタースタンドのアームとクロスチューブの左側溶接部において、溶接指示が不適切なため、強度が不足しているものがある。そのため、センタースタンドを立てる操作を繰り返すと、当該溶接部に亀裂が生じ、最悪の場合、当該溶接部が破断してセンタースタンドを操作した際に車両が転倒するおそれがある。

■改善措置の内容
全車両、センタースタンド一式を対策品と交換する。

■不具合件数
0件

■事故の有無
なし

■発見の動機
海外市場からの情報による。

■自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置
・使用者:ダイレクトメールで通知する。
・自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
・改善実施済車には、車わく(車台番号打刻位置付近)にNo.4654のステッカーを貼付する。

■車名
ヤマハ

■リコール対策対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間・台数
・通称名:「XP530SA TMAX」
  型式:2BL-SJ15J
  車台番号:SJ15J-000007 から SJ15J-001078
  製作期間:平成29年3月2日 から 令和元年7月23日
  対象台数:141台

・通称名:「XP530DA TMAX」
  型式:2BL-SJ15J
  車台番号:SJ15J-000017 から SJ15J-001120
  製作期間:平成29年3月9日 から 令和元年9月13日
  対象台数:973台

■合計
・製作期間の全体の範囲:平成29年3月2日 から 令和元年9月13日
・計1型式2車種
・計1,114台

【注意事項】
・リコール対策対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。

→全文を読む

情報提供元 [ 国土交通省 ]

20150605_mybike_impcamp_800_250

中古車や、譲渡で入手したバイクだと、リコールの情報が届かないことも。WebikeではMYバイクへの登録で、リコール情報をメールにてお届けします!
 ※アカウントの登録が必要です
Webikeコミュニティ MYバイク登録方法

関連記事

編集部おすすめ

  1. ヤマハ発動機販売は、春の新生活に向けて125ccスクーターライフを応援する「原付二種盗難保険…
  2. カワサキモータースジャパンは、ライダーデビューを応援するために免許取得をサポートする「ライセ…
  3. カワサキモータースジャパンが3月1日(日)より、「総額3億円キャッシュバックキャンペーン」を…
  4. SB6Xがさらに使いやすく快適に サイン・ハウスは、Bluetoothインカム「B+COM…
ページ上部へ戻る