狭いところの整備に。KTCネプロス6.3sq.で体感 #モトメカニック

ソケットレンチは使用頻度が高く重宝する工具のひとつ。中でもバイクいじりに注目した時、差込角6.3sq.通称「シブイチ」のレンチは使い勝手の良さが抜群! 2020年に25周年を迎えるKTCネプロスとともに、「バイクいじりに何故6.3sq.なのか?」を紹介しよう。

シブイチは狭い場所で使いやすい!

バイクやクルマをいじっていると、スパナやメガネレンチでは回せないボルトナットに遭遇し、ソケット工具が必要な場面がある。バイクでは、二面幅が大きなボルトはアクスルシャフトやクラッチハブなど限定的で、8、10、12mmといった小さなボルトが組み込まれていることが多い。大は小を兼ねるという言葉通り、差込角が大きなソケット工具を使うユーザーもいるが、小さな差込角が重宝することも多い。

【Webikeショッピング】
KTCネプロス:6.3sq.シリーズ 商品ページ

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ヤマハ発動機販売は、春の新生活に向けて125ccスクーターライフを応援する「原付二種盗難保険…
  2. カワサキモータースジャパンは、ライダーデビューを応援するために免許取得をサポートする「ライセ…
  3. カワサキモータースジャパンが3月1日(日)より、「総額3億円キャッシュバックキャンペーン」を…
  4. SB6Xがさらに使いやすく快適に サイン・ハウスは、Bluetoothインカム「B+COM…
ページ上部へ戻る