「量産ロータリー&直4 DOHCほか」編~時代を切り拓いた革新のマシンたち~[1965-1984]

暗闇に遠くから幾多の光芒が射す。あるものは一際強い光を放って過ぎ去り、あるものは留まり今も輝き続ける。――過去半世紀に及ぶ二輪史において、数々の革新的な技術と機構が生み出された。定着せず消えていった技術もあれば、以降の時代を一変させ、現代にまで残る技術もある。しかし、その全てが、エンジニアのひらめきと情熱と努力の結晶であることに疑いはない。二輪車の「初」を切り拓き、偉大なる足跡を残した車両を年代順に紐解いていく。

※本稿で取り挙げる「初」は、“公道走行可能な量産二輪市販車”としての「初」を意味します。また、「初」の定義には諸説ある場合があります。

世界初 直4&DOHC「世界最良を完遂した名機」KAWASAKI 900 SUPER FOUR(Z1)[1972]

1968年から水面下で750ccの直4 DOHCを開発していたカワサキにとって、ホンダCB750フォアの登場は寝耳に水の出来事だった。「ホンダを完全に打ち負かすには、さらに完璧を期すべし」「世界最良」に開発方針を転換。1000cc超への展開も考慮して、903ccの排気量を選択する。発売は予定より遅れたが、1972年秋にZ1=900スーパーフォアとして欧米でリリースした。

【ウェビック バイク選び】
【Z1 (900SUPER4)】の新車・中古車を見る

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. トリックスターが、EWC世界耐久選手権 2019-2020シリーズへの参戦体制を発表。昨年王…
  2. オートバイの全国レンタルサービス『レンタル819』が、3月20日(金)に「レンタル819八王…
  3. ブリヂストンがMotoGPでタイヤサプライヤーだった時代に総責任者を務め、国内外に名を知られ…
  4. ヤマハ発動機は、東京都・二子玉川にある蔦屋家電にて、期間限定ショールームを2020年2月22…
ページ上部へ戻る