「プロライダーから学ぼう」オフロードモデルサス調整はこれでOK!渡辺学の『スキルアップ・ラボ』 #ゴー・ライド

→【サスセッティング編】前編

オフロードライディングにおいて重要度は高いものの、「サスペンション」「セッティング」といったワードにハードルの高さを感じるのでは? そこで今回はサスペンションセッティングの初歩を手ほどき。前号のポジションと合わせて、より乗りやすい愛車に仕上げていこう。

Tips.2フォークの突き出し量を変更してみよう

フォークの突き出し量変更は、バイクの操縦安定性を好みに近づけるのに有効だ。マナブ主任は「突き出し量を増やしてフロントを下げたほうがコーナーで曲がりやすく、取りまわしも軽く感じると思います。スピードレンジが低いエンデューロではコンパクトに曲がりたいシーンが多いので有効でしょう。その反面、重心がフロント寄りになり、細かい振動も受けやすくなります。その場合、リヤのサグを数ミリ増やしてバランスさせる必要もでてきます。好みもありますが、三つ又のボルトをゆるめるだけでできるセッティングなので、試してほしいですね」

【Webikeショッピング】
モーションプロ:フォークアライメントツール 商品ページ
モーションプロ:SlackSetter チェーンテンション・セッティングツール 商品ページ

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. トリックスターが、EWC世界耐久選手権 2019-2020シリーズへの参戦体制を発表。昨年王…
  2. オートバイの全国レンタルサービス『レンタル819』が、3月20日(金)に「レンタル819八王…
  3. ブリヂストンがMotoGPでタイヤサプライヤーだった時代に総責任者を務め、国内外に名を知られ…
  4. ヤマハ発動機は、東京都・二子玉川にある蔦屋家電にて、期間限定ショールームを2020年2月22…
ページ上部へ戻る