リッキー・ブラベックがダカールラリー2020で初の総合優勝 Hondaに31年ぶりの栄冠をもたらす

▲リッキー・ブラベック

今年からサウジアラビアを舞台に開催されているダカールラリー2020が、1月17日(金)に最終の第12ステージを終了し、ワークスマシン CRF450 RALLYに乗る、Monster Energy Honda Team(モンスター・エナジー・ホンダ・チーム)のリッキー・ブラベック(Ricky Brabec)が、二輪車部門の総合優勝を獲得した。これはHondaにとって、1989年に優勝して以来31年ぶりのダカールラリーでの総合優勝となる。

ブラベックは米国出身の28歳。2016年にTeam HRCからダカールラリーに初参戦し、今回が5度目の挑戦。今年のダカールラリー2020では、第3ステージで優勝し総合成績でも首位に立つと、その後のステージでも堅実な走りで総合首位を守り続け、自身初の総合優勝を飾った。

▲リッキー・ブラベックとCRF450 RALLY

なお4位はホセ・イグナシオ・コルネホ(José Ignacio Cornejo)、7位はホアン・バレダ(Joan Barreda)となり、Monster Energy Honda Teamはトップ10に3名のライダーを送り込む結果となった。

Hondaは1981年のパリ・ダカールラリー第3回大会から参戦、1986年にNXR750で優勝するとその後1989年まで4連覇を果たした。1990年からは参戦を休止した後、2013年当時、南米で開催されていたダカールラリーに「CRF450 RALLY」で復帰。2015年と2018年には総合2位を獲得するものの優勝に手が届かない状況が続いたが、今回、復帰後8年目にして総合優勝を獲得した。

ダカールラリーは1979年より開催され今年で42回目。「世界一過酷なモータースポーツ競技」と言われており、サウジアラビアで開催された今年の大会は、13日間で全12ステージを走行し、総走行距離は7,000km以上、走行ルートの75%が砂漠地帯でレースが行われた。

※二輪車部門のステージ8はステージ7でのパウロ・ゴンサルヴェス選手の逝去を悼みキャンセルされた。

Monster Energy Honda Team リッキー・ブラベック

「とうとうやりました。Hondaにとっても、チームにとってもこれ以上嬉しい勝利はないと思います。非常にタフで、距離も長いレースでしたが、チームは一体となり、ライダー、そしてメカニックも最高の仕事ができました。今日の最終ステージでは、マシンも非常に調子良く、みんな無事にここまで来ることが第一の目的でした。Hondaチームそして我々をサポートしてくれたスポンサーの皆さまにこの上なく感謝しています。そして去年までチームメイトだったパウロ・ゴンサルヴェス選手にも、心から感謝しています。サウジアラビアで初めて開催されたダカールラリーですが、とにかく景色が素晴らしい。来年もまた参戦します」

株式会社ホンダ・レーシング(HRC) 代表取締役社長 野村欣滋(のむら よししげ)

「まずは、リッキー・ブラベック選手、優勝おめでとう。また、バレダ選手、ベナバイズ選手、コルネホ選手、いずれも素晴らしい結果をありがとう。そして、選手を支えたすべてのチームスタッフ、すべての開発チームの皆さん、ご苦労さまでした。復帰してから8年目で、ようやく念願の優勝にたどりつけました。この7年間の敗戦から学び、そして関係者すべてで積み重ねた努力の結果が、この素晴らしい結果をもたらしてくれました。すなわち、これまでの7年間でダカールラリーに関わったすべてメンバーの努力がもたらしてくれたチームHondaの勝利です。そして、忘れてはならないのが、昨年までの6年間、我々と闘ってくれたゴンサルヴェス選手の大きな貢献が、この素晴らしい結果をもたらしてくれたということです。ゴンサルヴェス選手への感謝の意を表するとともに、ご冥福をお祈りしたいと思います。最後になりましたが、我々を支えて頂いたスポンサーの皆さま、そしてこれまで応援頂いたファンの皆さまに、深く感謝申し上げます」

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. トリックスターが、EWC世界耐久選手権 2019-2020シリーズへの参戦体制を発表。昨年王…
  2. オートバイの全国レンタルサービス『レンタル819』が、3月20日(金)に「レンタル819八王…
  3. ブリヂストンがMotoGPでタイヤサプライヤーだった時代に総責任者を務め、国内外に名を知られ…
  4. ヤマハ発動機は、東京都・二子玉川にある蔦屋家電にて、期間限定ショールームを2020年2月22…
ページ上部へ戻る