【青木宣篤の上毛GP新聞】メリット不明のクアルタラロ走りを(できる範囲で)徹底解説!

ヤングマシン本誌に連載中の「上毛GP新聞」から、マルク・マルケスとファビオ・クアルタラロの対決に的を絞ったマニアックな考察を展開。今シーズンのサプライズとなったクアルタラロは、青木宣篤をもってしても「よくわからない」走りをしているという。ちょっと気が早いが、来シーズンの予習として2人の走りの違いに注目したい。

26歳の上半身 vs 20歳の下半身

2019シーズンのモトGPを振り返るにあたり、あまのじゃくのワタシとしてはマルケスの戴冠よりニューカマーながらマルケスと真っ向勝負したクアルタラロに注目したい。

第15戦タイGPの最終ラップ、最終コーナーの両者のバトルは歴史に残る激しさだったが、ワタシの目に飛び込んできたのはクアルタラロの走り方だ。

イン側のヒザがガバッと開いているマルケスに対して、クアルタラロはヒザをピッチリと閉じている。そして、ハードブレーキングによって浮いたリヤタイヤをコーナーアウト側に振り出しているマルケスに対し、クアルタラロのリヤタイヤはなんとイン側に向いているのだ!

マルケスのフォーム&挙動は分かりやすいっちゃ分かりやすい。通常、誰でもコーナーイン側のヒザは開くものだし、コーナー進入のブレーキングでリヤタイヤが浮けば、自然とそれはアウト側に振り出されるものだ。

だが、クアルタラロはまったく逆なのだ。ピッチリ閉じたヒザ。イン側に振り出されるリヤタイヤ。うーむ、いったい何が起きているのか、何を起こしているのか、想像できない……。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ヤマハ発動機販売は、春の新生活に向けて125ccスクーターライフを応援する「原付二種盗難保険…
  2. カワサキモータースジャパンは、ライダーデビューを応援するために免許取得をサポートする「ライセ…
  3. カワサキモータースジャパンが3月1日(日)より、「総額3億円キャッシュバックキャンペーン」を…
  4. SB6Xがさらに使いやすく快適に サイン・ハウスは、Bluetoothインカム「B+COM…
ページ上部へ戻る