ハーレーが免許取得費用を最大10万円サポート!「パスポート to フリーダム」の新規受付を1/16より開始

▲昨年の「パスポート to フリーダム」利用者が最も多く購入したモデルは『アイアン 1200』

ハーレーダビッドソン ジャパンは1月16日(木)から、大型二輪免許取得を支援する独自プログラム「パスポート to フリーダム」の受付を、全国のハーレーダビッドソン正規ディーラーにて開始する。

このプログラムは、9月30日(水)までの期間中に大型自動二輪MT免許を取得し(教習所を卒業)、対象期間内に正規ディーラーにて新車を成約・納車した人に、免許取得費用に相当する最大10万円をサポートするもの。近年はこのプログラムの利用者が継続して1,000人を超えており、全国600箇所以上のハーレーダビッドソン「パートナー教習所」との連携と相互誘客により、新ライダーを創出することで、活況な国内大型二輪車販売にも貢献している。

*普通自動二輪車MT免許を持っている人が、大型自動二輪車MT免許を取得する場合の免許取得費用を目安にした参考価格。金額はハーレーダビッドソン調べ。

以下プレスリリースより


本プログラムの詳しい概要とパートナー教習所のご紹介、ハーレーダビッドソン2020年モデルについては、ハーレーダビッドソン公式WEBサイトをご覧ください。来たる春のライディングシーズンを、是非このプログラムを通じて、ハーレーダビッドソンのモーターサイクルと共にお迎えください。

■名称:パスポート to フリーダム (PASSPORT TO FREEDOM)
■公式ページ: https://freedom.harley-davidson.com/ja_JP-Passport-to-Freedom
■期間:2020年1月16日(木)~9月30日(水)
■対象者:次の条件をいずれも満たす方
(1)大型自動二輪MT免許を2020年1月16日(木)から9月30日(水)までに取得された方
(2)ハーレーダビッドソン2020年モデルまたはそれ以前の新車を期間中に成約・納車された方
■サポート内容:免許取得の支援費用として最大10万円(パートナー教習所限定プログラムとの併用の場合)
※ハーレーダビッドソンのパートナー教習所以外で免許を取得された場合の支援額は7万円です。

情報提供元 [ ハーレーダビッドソン ジャパン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. トリックスターが、EWC世界耐久選手権 2019-2020シリーズへの参戦体制を発表。昨年王…
  2. オートバイの全国レンタルサービス『レンタル819』が、3月20日(金)に「レンタル819八王…
  3. ブリヂストンがMotoGPでタイヤサプライヤーだった時代に総責任者を務め、国内外に名を知られ…
  4. ヤマハ発動機は、東京都・二子玉川にある蔦屋家電にて、期間限定ショールームを2020年2月22…
ページ上部へ戻る