【2/21追記:開催中止】モースポフェス2020 SUZUKA 本山・脇阪・道上「新・永遠のライバル対決」と日野レンジャーデモ走行決定

▲昨年のモースポフェスでの様子 脇阪寿一氏(左)、本山哲氏(中央)、道上龍氏(右)

2020年2月21日追記:「モースポフェス2020 SUZUKA」は中止になりました。
【関連ニュース】
3月7日、8日に予定されていた「モースポフェス2020 SUZUKA」が開催中止に

日本国内の2輪車・4輪車メーカーの特別協力のもと、2020年3月7日(土)・8日(日)に鈴鹿サーキットで開催される「モースポフェス2020 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~」で、 1990年代後半から現在にいたるまで、日本のモータースポーツ界を牽引してきた本山哲氏・脇阪寿一氏・道上龍氏による「新・永遠のライバル対決」、世界一過酷なモータースポーツ競技と言われる2019年ダカール・ラリーの参戦車両「日野レンジャー」のデモ走行、ダカールラリー排気量10リットル未満クラス10連覇中の菅原照仁選手の出演が決定した。「新・永遠のライバル対決」の3名が使用する車両については、決定次第発表される。

なお、このイベントは、公式ウェブサイトに掲載されている「特別ご招待券」を提示すると無料で入場できる。

▲昨年のモースポフェスでの対決の様子

▲2019年ダカール・ラリー参戦「日野レンジャー」 ※デモ走行

▲菅原照仁選手

以下プレスリリースより


モースポフェス2020 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~ 開催概要

■開催日:2020年3月7日(土)、8日(日)
■開催会場:鈴鹿サーキット国際レーシングコースおよび周辺エリア
■共催:トヨタ自動車株式会社、本田技研工業株式会社、株式会社モビリティランド
■特別協力:川崎重工業株式会社、株式会社スズキ二輪、株式会社SUBARU、トヨタ車体株式会社、日産自動車株式会社、日野自動車株式会社、マツダ株式会社、ヤマハ発動機販売株式会社
■入場料金:公式ウェブサイトに掲載の招待券持参で無料
※通常料金:ゆうえんち入園料大人(中学生以上)2,000円、子ども(小学生)1,000円、幼児(3歳~未就学児)800円

→その他詳細は公式サイトへ

【関連ニュース】
カテゴリーの垣根を越えた入場無料イベント「モースポフェス2020 SUZUKA」が3/7・8に開催
3/7・8開催の「モースポフェス2020 SUZUKA」に日本国内メーカーの共催・特別協力が決定

情報提供元 [ モビリティランド ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. トリックスターが、EWC世界耐久選手権 2019-2020シリーズへの参戦体制を発表。昨年王…
  2. オートバイの全国レンタルサービス『レンタル819』が、3月20日(金)に「レンタル819八王…
  3. ブリヂストンがMotoGPでタイヤサプライヤーだった時代に総責任者を務め、国内外に名を知られ…
  4. ヤマハ発動機は、東京都・二子玉川にある蔦屋家電にて、期間限定ショールームを2020年2月22…
ページ上部へ戻る