スズキ ジクサー250開発者に聞く「小型軽量を追求した結果が、油冷エンジンという選択でした」〈動画あり〉

スズキ伝統の油冷エンジンが復活。スズキは東京モーターショー2019で、新設計の249cc油冷SOHC4バルブ単気筒エンジンを搭載したネイキッドのジクサー250とフルカウルスポーツのジクサーSF250を参考出品した。なぜいま、油冷なのか? 開発陣に真意を問う!

TEXT: Toru TAMIYA

日本仕様の発売も期待できそう!

ジクサー250/SF250は、世界初公開というわけではない。2019年5月にジクサーSF250、8月にはジクサー250がインドで発売されている。しかし東京モーターショー2019で参考出品されたこの2機種は、インドで必要となるサリーガードを装備せず、前後ラジアルタイヤがインドMRF社製からダンロップのスポーツマックスGPR-300に換装されるなど、日本仕様の発売が期待できる内容となっていたのだ。

【ジクサー250】の新車・中古車を見る
【ジクサー250SF】の新車・中古車を見る

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. トリックスターが、EWC世界耐久選手権 2019-2020シリーズへの参戦体制を発表。昨年王…
  2. オートバイの全国レンタルサービス『レンタル819』が、3月20日(金)に「レンタル819八王…
  3. ブリヂストンがMotoGPでタイヤサプライヤーだった時代に総責任者を務め、国内外に名を知られ…
  4. ヤマハ発動機は、東京都・二子玉川にある蔦屋家電にて、期間限定ショールームを2020年2月22…
ページ上部へ戻る