ハスクバーナが2019年の国内販売新記録を樹立 前年比約+36%

総合計販売台数は800台超

ハスクバーナ・モーターサイクルズ・ジャパンは2019年に販売新記録を樹立した。2019年1月から12月に小型二輪車(250cc超)を518台販売し、前年比+35.6%の販売新記録となった。

主な要因は以下の5点。
・2018年春に新規投入した VITPILEN / SVARTPILEN 401および VITPILEN 701 が2019年は通年で販売できた
・2019年5月に新規投入した SVARTPILEN 701 と8月投入の SVARTPILEN 701 STYLE の販売が上乗せになった
・2019年9~10月に投入した次世代型エンデューロモデルの販売が堅調に推移した
・2019年4月以降の販売キャンペーンが販売を支えた
・正規販売店ネットワークの充実を進めた(新規オープン4店舗、リニューアルオープン2店舗)

また、小型二輪車以外のモデル(軽二輪、原付第二種、未登録の競技用モデル)も合算すると2019年の総合計販売台数は800台超となり、こちらも前年比約+36%の販売新記録となった。

情報提供元 [ ハスクバーナ・モーターサイクルズ・ジャパン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. キムコジャパンは、2020年1月16日から2020年4月15日の期間中に対象モデルを購入し、…
  2. 前回:林道優先&高速1200km1泊2日旅〈往路編〉 朝日とともに東の海を出発し、ゴー…
  3. キムコジャパンは、2020年1月16日から2020年4月15日までの期間中に対象モデルを購入…
  4. ヤングマシン本誌に連載中の「上毛GP新聞」から、マルク・マルケスとファビオ・クアルタラロの対…
ページ上部へ戻る