Hondaウエルカムプラザ青山が1/18にリニューアルオープン

▲外観イメージ

Hondaは、Honda青山ビル1階のパブリックスペース「Hondaウエルカムプラザ青山」(東京都港区)を、2020年1月18日(土)にリニューアルオープンする。

今回のリニューアルでは、1985年のオープン当初からのコンセプトである「製品及び企業姿勢の発信の場」、「誰でも気軽に立ち寄れる憩いの場」をさらに進化。明るいウッド調床材で刷新した内装や、Hondaならではのメニューを提供する新たなカフェなどにより、これまで以上に居心地の良い空間をつくるとともに、Hondaの考える価値や想いを伝える製品展示などを通じて、「すべての人に生活の可能性が拡がる喜びを提供する」という、Hondaの2030年ビジョンを実感できる場を目指している。

なお、この考え方は、国内四輪車販売店「Honda Cars (ホンダ・カーズ)」の新店舗デザインコンセプト「Honda Dealer Concept 2.0(ホンダ・ディーラー・コンセプト 2.0)」にも採用されており、Hondaは今後も、ユーザーとのあらゆる接点の場で質の高いブランド体験・コミュニケーションの場を提供し、ユーザーから愛され続けるブランドとなることを目指していく。

以下プレスリリースより


リニューアル概要

■製品展示コーナー

これまでの製品中心の展示から、Hondaが製品・サービスを通じてお客様にお届けしたい価値や想いを感じ、新たな発見をしていただける展示に進化します。二輪車、四輪車、パワープロダクツ、HondaJetと、Hondaの幅広い製品や先進技術の展示、体感イベントなどを通じて、お客様に「生活の可能性が拡がる」体験を提供します。また、ツインリンクもてぎ(栃木県芳賀郡茂木町)にあるホンダコレクションホールからの出張展示など、Hondaが大切にするフィロソフィーや歴史をお伝えする展示も行います。

■MILES Honda Cafe(マイルズ ホンダ カフェ)

お客様と一緒にこれからも前に進んでいくHondaの想いを「MILES」という言葉に込め、より立ち寄りやすく、憩えるカフェを目指して空間設計しました。世界各国のF1開催地にちなんだサンドイッチや、「宗一郎の水」※1を使って入れたオリジナルコーヒーなど、Hondaならではのメニューを用意し、憩いのひとときを彩ります。

※1 Honda青山ビル地下3階にあるカナダ産ヒバの大樽で貯水することにより、カルキ臭が消えた水。
ウエルカムプラザを誰でも気軽に立ち寄れる場所にしたいという、創業者 本田宗一郎の想いから、この水を「宗一郎の水」と名付け、来場されたお客様に自由にお飲みいただいています。

▲MILES Honda Cafeイメージ

■内外装

外装は、外に面したガラス面を拡大することで、屋外からプラザ内やカフェが見渡せる開放的なデザインとしました。またプラザ前のエリアは、建物内と同じ床材で繋がるウッドデザインを採用することで、親しみやすく入りやすい外観としました。

内装は、「再び訪れたくなる場」をコンセプトに、ウッドとグリーンを多く取り入れ、親しみやすく居心地の良い空間としました。メインエントランスでは「ワイガヤの木」※2がお客様をお迎えします。

※2 役職や年齢、性別を越えて気軽にワイワイガヤガヤと話し合う、Honda伝統のコミュニケーション「ワイガヤ」にちなみ、「多種多様な人々が集まり、賑わいが生まれる空間」をコンセプトとしました。

▲内装・ワイガヤの木イメージ

■グッズショップ

ウエルカムプラザならではの幅広い品揃えのHondaグッズを用意し、様々なお客様のニーズに応えるショップを目指しています。店内は「眺めているだけでもワクワクする場」をコンセプトに、Hondaゆかりのアイテムで装飾しています。

Hondaウエルカムプラザ青山

■所在地

東京都港区南青山2-1-1 Honda青山ビル1階

■営業時間

10:00~18:00

■最寄駅

東京メトロ銀座線、東京メトロ半蔵門線、都営大江戸線
→「青山一丁目」駅 下車5番出口すぐ

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. キムコジャパンは、2020年1月16日から2020年4月15日の期間中に対象モデルを購入し、…
  2. 前回:林道優先&高速1200km1泊2日旅〈往路編〉 朝日とともに東の海を出発し、ゴー…
  3. キムコジャパンは、2020年1月16日から2020年4月15日までの期間中に対象モデルを購入…
  4. ヤングマシン本誌に連載中の「上毛GP新聞」から、マルク・マルケスとファビオ・クアルタラロの対…
ページ上部へ戻る