2019新車走評:欧州大型アドベンチャー編[カテゴリー別“試乗インプレッション”大図鑑 #10]

BMW、ドゥカティ、KTMらによる1200cc超のハイエンドモデルが居並ぶ。いずれも電子制御と先進メカを駆使したゴージャス仕様だが、今年はR1200GSが進化。その走りに注目が集まる。アッパーミドル系ではKTMが新作を投入し、BMWとガチンコ対決。少しずつ数を増し、トレンドになりつつあるクラシカル系にも注目だ。

足まわりを差別化したバージョン違いにも注目

海外勢アドベンチャーのトップモデルは、1200cc+αの大排気量を誇り、国産勢よりデカイ。そして、装備も飛び抜けて豪華だ(もちろん価格も)。トラコンやコーナリングABSなど電子制御をふんだんに搭載し、ライダーを手厚くサポートしてくれるため、巨艦ながら、安心感もあるのだ。

【ウェビック バイク選び】
海外メーカー・アドベンチャー/ビッグオフ・2018年~2020年モデルの新車・中古車を見る

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. キムコジャパンは、2020年1月16日から2020年4月15日の期間中に対象モデルを購入し、…
  2. 前回:林道優先&高速1200km1泊2日旅〈往路編〉 朝日とともに東の海を出発し、ゴー…
  3. キムコジャパンは、2020年1月16日から2020年4月15日までの期間中に対象モデルを購入…
  4. ヤングマシン本誌に連載中の「上毛GP新聞」から、マルク・マルケスとファビオ・クアルタラロの対…
ページ上部へ戻る