今週の愛車ピックアップ 一番の美点はダイナマイト・セクシーボディ[ FATBOY LO ]

FATBOY LO 2017年式
オーナー:惣一郎さん

今回は、最近登録されたMYバイクの中から「惣一郎」さんが今乗っているバイク「HARLEY-DAVIDSON FLSTFB FATBOY LO 2017年式」をご紹介します。

FATBOY LO(ファットボーイ ロー)は、ハーレーのソフテイルファミリーに属するバイクで、その名の通りFATBOYをローダウンしたモデルになっています。今回ご紹介する2017年式のカタログ値で比較をすると、FATBOYは最低地上高130mm、シート高(加重時)670mm、FATBOY LOは最低地上高125mm、シート高(加重時)660mmになります。シート高は10mmも下がっていますが、最低地上高は5mmダウンに抑えていることが分かります。

オーナーの「惣一郎」さんが今乗っているFATBOY LOは、大きな車体なのにシックで引き締まって見えます。フレーム、エアクリーナーカバー、ディッシュホイール、エキパイが黒く、タンクやフェンダーの外装まで真っ黒で格好良いです。
ご本人も、「デカくて黒くてカッコいい!一番の美点はロー&ロングのダイナマイト・セクシーボディ」とご満悦。出先では、老若男女を問わず注目されるそうです。

「トルクフルで加速が強く、発進や合流でのストレスは問題なし。また、乗車姿勢が非常に楽で、見た目は疲れそうな突き出す腕も実は全く問題なし。特に大きなの純正シートは何時間走っても疲れ知らずで秀逸」とのことですので、ロングツーリングでも期待以上の乗りやすさのようです。

ただ、大きくて重たくて低いバイクですので、ワインディングは苦手。また、排ガス規制が厳しい近年モデルということもあって、ノーマルでは排気音や鼓動感は物足りないそうです。
とは言え、実は私も乗ったことがあるのですが、ゆっくり街中を流しているだけでも「大型ハーレーに乗っているんだ!」という気分になれて楽しいんです!

置き場所を選ぶ大型バイクですが、試乗やレンタルバイクでも楽しめます。
みなさんも、機会があれば是非乗ってみてほしいバイクです。
ちなみに私が試乗した時は、「いつかはハーレー」の意味がわかった気がしましたよ♪

<MYバイクコメントより>
購入動機
大型免許を取る前に自分が抱いていた大型バイクのイメージそのもの!
20年以上前に見た映画『ターミネーター2』のシュワルツェネッガーの気分。
現行型のファットボーイ(FLFB/FLFBS)は、見た目が近代的過ぎてイメージと少しずれてしまうことと、なかなかの高価格で購入に踏み切れなかったところ、たまたま都内のディーラーで2017年式の低走行ファットボーイ(FLSTFB)を発見し即決購入。
長所
デカくて黒くてカッコいい!(と自分では思っている。)
やはり一番の美点は、ロー&ロングのダイナマイト・セクシーボディ。現在は吸排気系ノーマルの静音仕様なのに、よく子供に指さされたり、老人に話しかけられたりする。
走りは、トルクが鬼のようにあるので、下道の信号ダッシュや高速道路の車線変更・合流では全くストレスがない。また、乗車姿勢が非常に楽で、見た目疲れそうな突き出す腕も実は全く問題なし。特に大きなの純正シートは何時間走っても疲れ知らずで秀逸。
短所
車重が重い(330kg)ので、峠道でひらひら走れない。気合を入れて走ると、すぐにフットボードを擦ってしまう。
日本仕様で吸排気系ノーマルだからか、エンジン回転数に対するパワー・トルクの出方がぎこちない(らしい)。ハーレーの売りである鼓動感・ドコドコ感も、イマイチ。個人的に思うには、音が小さ過ぎてハーレー気分が出ない。
やはり、吸排気系&CPチューンは必須のようですね…
アドバイス
ただ下道をドコドコ走っているだけでも、<大型ハーレーに乗っているんだ!>という気分になれます。最高です!
今後のカスタムプラン
ヘッドライトLED化(2020年1月)

>>Webikeコミュニティで「惣一郎」さんのバイク詳細情報をみる

バイクのスペックやユーザーレポート、新車・中古車情報など盛りだくさん!
【FATBOY LO:オススメ関連情報】
FATBOY LO の新車・中古車を見る
FATBOY LO の関連情報を見る
HARLEY-DAVIDSON の関連記事を見る

■バイクがもっと楽しくなる Webikeコミュニティ

関連記事

編集部おすすめ

  1. キムコジャパンは、2020年1月16日から2020年4月15日の期間中に対象モデルを購入し、…
  2. 前回:林道優先&高速1200km1泊2日旅〈往路編〉 朝日とともに東の海を出発し、ゴー…
  3. キムコジャパンは、2020年1月16日から2020年4月15日までの期間中に対象モデルを購入…
  4. ヤングマシン本誌に連載中の「上毛GP新聞」から、マルク・マルケスとファビオ・クアルタラロの対…
ページ上部へ戻る