メイドインジャパンの電動バイクブランドが誕生![ADIVAからaideaへ]外部電源供給可能な新型車も

191219_70-680x422.jpg

第46回東京モーターショー2019において、Made in Japanの電動バイクブランド「aidea(アイディア)」がデビュー。従来はADIVAとして活動していたが、日本で電動バイクの製造を行う新会社として生まれ変わった。東京モーターショーでは、aideaブランドの最新電動バイク×4車(うち世界初公開が2車)を出展した。

生産は神奈川県、デザインセンターはイタリア・ローマに

イタリアのアーバンコミューターブランドとして知られてきたADIVA(アディバ)が生まれ変わる。EV元年と言われる2019年、東京モーターショーを機に生まれた「日本の電動バイクメーカー」が「aidea(アイディア)」だ。1996年にイタリアで、Nicola Pozio(ニコラ・ポツィオ)によって創設されたADIVAは、2000年に開閉式ルーフやリヤボックス、オーディオシステムを備えたスクーター「BENELLI ADIVA 150」を発売。その後は電動バイクなどもラインナップに加えつつ着実に歩んできた。

そして2019年、aideaへと生まれ変わったことで、「これまでのバイクの領域を超えた新しい価値を創造し、心豊かな生活を実現する」をテーマに、新たな体験を提供するメーカーへとシフトしていくのだという。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

           

20210413_wms_magazine_1280_160.png
   
20210201_wms_336_280.png
ページ上部へ戻る