ロイヤルエンフィールド コンチネンタルGT650試乗インプレッション【新開発エンジンが優秀。古典的な走りを現代に】

191219_24-680x422.jpg

昨秋のミラノショーで発表されたロイヤルエンフィールドの新型2気筒モデル・コンチネンタルGT650。同じアイシャーモータースの傘下にあるイギリスの伝説的ビルダー、ハリスパフォーマンスがダブルクレードルフレームの設計に関与する、カフェレーサー風のモデルだ。生産拠点をインドに移行してから初となるパラツインエンジンも要チェック!

(◯)旧来の乗り方が通用。実用的かつ味わいも

生産拠点をインドに移行してから初となるパラツインは、空油冷方式や燃料噴射、SOHC4バルブなどを採用。排気量は648ccで、圧縮比は直接のライバルとなるW800ストリート/カフェの8・4:1よりも高い9・5:1を公称。最高出力は約48psで、W800の前身であるW650とほぼ同等の数値だ。

【コンチネンタルGT650】の新車・中古車を見る

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

           

ウェビックチェックインラリー2021でポイントゲット
   
Webikeアプリにニュース機能が新規追加
ページ上部へ戻る