日常と非日常になじむ「カラーリングマジック」………ヤマハMTシリーズのFLUO(フロー)カラーとは

多くの人々にとってモターサイクルは、趣味の乗り物であり、つまりは非日常である。一方でMTシリーズの色に込められたのは、非常識をキーワードとする新たな挑戦だった。非常識が非日常にもたらすカッコよさに迫る。

時代が転換する扉を開けた、ヤマハ発動機としての挑戦

「攻めてるなあ、MTシリーズ!」

ド派手な蛍光イエローの前後ホイールが目を引いた近年のMTシリーズに、このような印象を持ったライダーも多いのではないだろうか?

思い返せば2015年秋のEICMA(ミラノショー)で発表されたMT-10から、ヤマハ市販車にこのカラーリングが使われるトレンドがスタートした。

これについて、ヤマハ発動機のデザイン本部でスタイリングやカラーリングの企画を担当している安田将啓さんは、「ショーモデルに同じような手法を使いながら、市販車に導入するタイミングを計っていました」と話す。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. キムコジャパンは、2020年1月16日から2020年4月15日の期間中に対象モデルを購入し、…
  2. 前回:林道優先&高速1200km1泊2日旅〈往路編〉 朝日とともに東の海を出発し、ゴー…
  3. キムコジャパンは、2020年1月16日から2020年4月15日までの期間中に対象モデルを購入…
  4. ヤングマシン本誌に連載中の「上毛GP新聞」から、マルク・マルケスとファビオ・クアルタラロの対…
ページ上部へ戻る