ヤマハ ナイケンGT試乗インプレッション【ハイスクリーン採用で真の狙いがより明瞭に】

トリシティ125、155に続くLMWシリーズ第3弾として、2018年9月に受注開始となったヤマハのナイケン。初の派生モデルである“GT”は、大型のハイスクリーンや厚みを増した専用シートをはじめ、グリップヒーターやメインスタンドなどで長距離性能を強化。その実力をチェックしたぞ!

【NIKEN/GT】の新車・中古車を見る

(◯)防風効果大幅アップ! 専用シートも好印象だ

トリシティ125、155に続くLMW(リーニング・マルチ・ホイール)シリーズ第3弾として、2018年9月に受注開始となったヤマハのナイケン。その派生モデルとして2019年3月に日本でも正式発表されたのがナイケンGTだ。大型のハイスクリーンや厚みを増した専用シートをはじめ、グリップヒーターやメインスタンド、純正オプションのトップケースに対応したグラブバーなどを追加しているのが特徴であり、さらに車体色も専用となっているのだ。

【NIKEN/GT】の新車・中古車を見る

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. とうとう本気だす。 WebikeスタッフのSHOESです。今回は走りに言及しつつ、実際乗ってみ…
  2. 2019年8月、アメリカのユタ州ボンネビルで開催された「Bonneville Motorcy…
  3. ライダーがお互いの位置を共有可能に ナビタイムジャパンは、2019年12月6日(金)より、…
  4. ※画像は公式サイトのスクリーンショット BMW Motorradは、対象の新車を購入するともれ…
ページ上部へ戻る